こんにちは、ファイナンシャルプランナーの山本です。

最近では男性でも本当に稼げない時代であり、その結果として中々、結婚を真剣に考えられない男性が増えました。もしかしたら、あなたも同様かもしれませんね。

もちろん、結婚するもしないもあなたの自由ですが、実は最近の結婚は「幸せになるため」ではなくなりつつあります。

そこで今回は、婚活女性が男性に求める年収と共に、結婚しない場合のリアルをお伝えします。あなたの人生に、お役立てくださいませ。

30代前半男性で457万円、しかし……

まずは大局観から考えるために、統計を確認しておきます。

国税庁の最新の「民間給与実態調査」によると、30代前半男性の平均給与は457万円、30代後半男性であっても平均給与は512万円です。ただ、最近では格差が大きいため、これを下回る男性も多いでしょう。

一方の女性が男性に求める年収は、おおよそ「500~600万円以上」というケースが多いです。ただし、これは婚活パーティや結婚相談所など、「条件から男性を選ぶ場合」になります。

自然な出会いの場合は、必ずしも当てはまりませんから、ご安心ください。

とはいえ、結婚適齢期といわれる20代後半~30代前半の女性の平均年収は約300万円であり、しかも女性にも格差が起こっている点を考えると、やはり相応の年収を求められることが多いと考えておいた方が無難です。男性にとっては、厳しい現実ですね。

現実を見ていないと言うのは簡単ですが

あなたは先ほどの結果を見て、どのように感じたでしょうか。大抵の男性なら「夢見すぎ。現実を見ていない」などと感じたことでしょう。

しかしそう言うのは簡単ですが、少なくとも女性陣が男性に素直に年収を求めているなら、やはり年収を高めておく方が合理的です。

もちろん、最近の年収は男性でも簡単には上がらないのは分かります。

とはいえ、それで「年収ではなく中身で選んでくれる女性を探す」などと考えるのは、それこそ問題です。男性が、美人でもない35歳を超えた女性を中身で選ぶくらいに、中々ありえません。

副業・転職・投資・出世……今時の年収は、ただ仕事を頑張っていれば上がるものではなく、一定の閃きやアイデア、リスク取得などの努力が必要です。

年収は一朝一夕で上がるものでもありませんが、高い年収は結婚後の生活でも使えますから、ぜひ何かを始めましょう。

結婚しない人生を選んだその先は?

ところで、最近の年収の低い男性は、だからこそ簡単に「結婚しない選択肢」をしがちです。自分の年収では妻子を養えないし、責任を負わされても困りますものね。

もちろん、その選択肢を選ぶのも仕方ないのですが、あなたはその先の人生を考えた事はありますか?

その先の人生とは、ズバり「定年後」です。先ほどの統計によると、現在の全体の平均年収は422万円となっていますが、仮にずっと定年までその年収だったなら、65歳から貰える年金は現在でも約14万円になります。しかも、年金は下落傾向です。

この年金額で、老後は安心して生活できるでしょうか。しかも、今の日本は長寿社会で90歳まで生きていても不思議はありません。

約25年間も続く老後生活のための十分な貯金ができるでしょうか。代わりに働くにしても、60代の方の就職率は2割なのが現実です。

しかし、もしあなたが結婚したら、どうなるでしょうか。上記の年金は2倍入ってくる訳ですから、約28万円になります。

これなら、夫婦2人で何とかなるのではないでしょうか。少しだけ、結婚しない選択肢のリスクについて考えてみませんか。

男性はいくつになっても結婚できるはウソ

また、男性の中には「男性はいくつになっても結婚できる」などと言われている点に甘んじて、結婚するしないの判断を先送りにしている方がいます。あるいは、「年収が上がってから考える」というケースも多いでしょうか。

大変残念な現実なのですが、上記の言葉はウソです。男性も40歳を超えると統計上、成婚率は7%程度しかありません。

40歳を超える頃の多くの男性は、見たまま「オッサン化」してしまいますから、さすがの女性陣も、中々魅力を感じられないのが現実です。

また同時に、男性は自身が何歳になっても、「できれば35歳までの女性」を狙います。しかし年齢差があるほどに、女性からは相手にされにくくなるのが実情です。

最近では確かに年の差婚も一部で増えていますが、レアケースと考えた方が無難といえます。ご注意を。

生き残るためにも結婚・婚活を

今どきの結婚は、「幸せになるために」するものではなく、「不幸にならないために」するものに変わりつつあります。

男性でも、今どきは一人では老後を生き抜けませんから、女性と二人で寄り添って支え合いながら生きる選択をすることが大切です。

ぜひ一度、しっかりと自分の人生を先々まで考え、そして結婚を真剣に、前向きに考えましょう。

ライタープロフィール

山本昌義 (やまもとまさよし)
山本昌義 (やまもとまさよし)
山本FPオフィス代表(山本昌義)CFP®
現在、日本初の「婚活FP」として、婚活パーティを開催しながら、婚活中の方や結婚直後の方など、主に比較的若い方の恋愛面・経済面のご相談を承っています。また独立FPとして10年を経過したのを機に、後輩FPの育成にも力を入れています。詳しくは以下のリンクから当オフィスサイトをご確認くださいませ。
山本FPオフィス:http://yamamotofpoffice.com/