こんにちは、ファイナンシャルプランナーの山本です。

最近では年々、結婚する方も減ってきていますが、とりわけ男性側の結婚しない理由で挙がりやすいのが「年収」の問題になります。

年収が低いし妻子を養えない、結婚後に年収が下がったらどうするの……きっとあなたもそうではありませんか?

そんな感覚は、責任感の裏返しですから立派ではありますが、少し別の視点も大事です。

そこで今回は、男性の結婚で大事なことをお伝えします。あなたの人生に、お役立てくださいませ。

確かに女性は年収を求めるが、それ以上に

まずは、婚活において最も大切なことをお伝えします。確かに婚活、特に男性の婚活では、年収が大きめに影響するのは仕方ない事実です。

男性が本能的に女性に若さを求めてしまうのと同様に、女性は本能的に男性に経済力を求めます。稼げない女性も多いですからね。

しかし……それ以上に最近の婚活で大切なのが、実は男性も「年齢」なんです。実際問題、きっとあなたの周囲にも一人や二人、新卒の頃に結婚した男性もいるのではないでしょうか。

新卒の頃は誰もが年収が低いハズですが、それでも普通に女性から選ばれた訳です。

これは早い話、女性は男性の年収ではなく「将来性」を買ったことになります。

また30代前半頃なら、むしろ女性の方が稼いでいる事も最近では多く、その場合は男性の年収を無視することもあるのが実情です。このため、今は男性も自分の年齢を考えることが大切です。

共働きならダブルインカム+費用折半

ちなみに、最近の婚活適齢期にいるアラサー頃の女性は、基本的に共働きを当然と考えています。むしろ、辞めて専業主婦になってと言っても拒否する方も多いほどです。

このため、ダブルインカムとなるわけですから、少々あなたの年収が低くても、どうとでもなります。

それにちょっとイメージして頂きたいのですが、結婚して共同生活になったら、どんな生活になるでしょうか。

もちろん最終的には相手次第ですが、基本的に家賃は折半、光熱費も共同、2倍になるのは食費と小遣い程度です。つまり、結婚はあなたにとっても得になります。

また実際問題、筆者は様々な方の家計診断をしてきましたが、仮にあなたの年収が300万円なら、同じく相手女性も年収200~300万円あれば、十分に未来は描けました。

子どもも一人程度なら大丈夫でした。このため、ぜひ自信を持って婚活に励みましょう。

男性も40歳を超えると、婚活は極めて困難

ところで、最近の男性の傾向で多いのが、「相応の年収になったら」や「仕事が一段落したら」結婚を考えるというものです。

そして老後を感じ始めた40歳を超えてから、多くの方が婚活市場に来られます。ヒドいと50歳を超えてからという男性も意外と多いです。

残念なことなのですが、男性でもいくつになっても結婚できるというものではありません。統計でも明確に出ているのですが、40代前半男性の成婚率は、わずか約7%です。

100人の40代前半の独身男性のうち、わずか7人しか結婚できていないのが実情となります。

しかも一般的な男性は、自身がいくつになっても「できれば35歳までの女性」との結婚を考えがちですが、年齢差があるほどに女性から選ばれないのが現実です。

こういった自身の市場価値と願望の差が大きくなるため、大多数の40代男性は婚活に苦戦されています。

結婚できない先には「独居老人確定人生」

また結婚しない、できない人生の先には、どんな人生が待ち受けているでしょうか。当然ですが、独居老人となる人生が確定しますね。

ちなみに独居老人の寂しさというのは、若いうちはイメージしにくく、結婚が厳しくなる40歳を超えた頃から実感する方が多いようです。

それに、独居老人を待ち受けている困難は、孤独だけではありません。現役中の男性には実感しにくいものですが、実は今どきは男性でも、一人では老後を生き抜けないケースが多くなっています。

それほどに、定年後の人生が想像以上に長いわけですね。

この人生の最終期に対する最高の対策が「結婚」なのです。

若いうちから夫婦二馬力でがんばって、質素倹約に励みつつも生活を家族と愛情で楽しみ、貯金などの資産を築き上げることが大切になります。

どうぞ、今がどうこうではなく、先々を見据えて考えましょう。

女性のため、自分のためにも早期婚活を

年収が低く、中々上がらない状況では、確かに男性が結婚を考えにくい気持ちは分かります。

しかし今は女性も共働きを前提としてくれていますから、選んでくれる女性とさえ出会えれば、仮にあなたの年収が低くても、結婚生活は十分に成り立つはずです。

そして、あなたが年収を気にするのは分かりますが、それより大事なのは男性でも年齢ですから、早期の婚活が大切になります。できれば40歳までには結婚し、幸せな人生を送りましょう。

ライタープロフィール

山本昌義 (やまもとまさよし)
山本昌義 (やまもとまさよし)
山本FPオフィス代表(山本昌義)CFP®
現在、日本初の「婚活FP」として、婚活パーティを開催しながら、婚活中の方や結婚直後の方など、主に比較的若い方の恋愛面・経済面のご相談を承っています。また独立FPとして10年を経過したのを機に、後輩FPの育成にも力を入れています。詳しくは以下のリンクから当オフィスサイトをご確認くださいませ。
山本FPオフィス:http://yamamotofpoffice.com/