忘年会シーズンも到来し、豪華な食事をする機会が多く暴飲暴食をしてしまうという方も多いですよね。そこで今回は忘年会シーズンに太りすぎないための方法をご紹介します。(ABC HEALTH LABO監修)

お酒は太る原因になる?!

アルコールは感情や食欲などの本能的な部分を司る脳の働きを活発にさせます。お酒を飲み過ぎると食事の量も多くなる他、カラダがアルコールを優先的に解毒しようと働き、食事のエネルギー消費は後回しにされます。特に、お酒のおつまみとして気を付けたいメニューは、ポテトフライや鶏の唐揚げなどの揚げ物類など。食べ過ぎに注意しましょう。

 

太りにくいお酒の種類は?

アルコールはそれ自体のエネルギーが高いので1回の飲酒量の適量を守ることが大切です。ダイエット中でもおすすめのお酒は、糖質が少ないウイスキーや焼酎類です。ロックで飲むのではなく、水やお湯などでわるとアルコールの摂り過ぎを防げます。反対に注意が必要なお酒は、甘いカクテルやビールなど。糖質が多く含まれているため、飲みすぎに気を付けましょう。

 

ダイエット中におすすめのおつまみは?

ダイエット中のおつまみは「魚介類の刺身」がおすすめです。刺身は脂質や糖質が少ないものが多く、余分なエネルギーをとることもないので、罪悪感無く食べることが出来ます。さらに、刺身の中でもタコやイカは、肝機能の働きを助ける「タウリン」を豊富に含む食材のため、お酒を飲む方にはおすすめのメニューです。

 

それでも暴飲暴食してしまったら・・・

暴飲暴食してしまった翌日は、胃腸や肝臓に負担のかけない食事をすることが大切です。揚げ物やチャーハン、砂糖や生クリームがたくさん入ったデザートなどはおすすめできません。食べ過ぎた後2日間で調整すれば、脂肪を溜め込まずにすみます。野菜たっぷりのお味噌汁やサラダなどカラダをリセットするための食事を心がけましょう。

 

ライタープロフィール

ABC HEALTH LABO
ABC HEALTH LABO
株式会社ABC Cooking Studioの中でHEALTHケアビジネスを推進するチーム。
レシピ提案や健康に関するセミナー・講座、料理レッスン、目的に合わせた食事カウンセリングなどを行っている。