U40で始めるのがトレンドに。老後2,000万円問題に備えて安定収入の仕組みをつくる方法

「どうせ自分らは年金なんか大してもらえないし」と日ごろから口にしていた人でも、例の“老後資金2,000万円不足”発言には暗い気持ちになっただろう。こうなると地道に貯金を続けるだけではどう考えても足りない、自分たちの老後の生活費。早いうちから手を打つにこしたことはない。頭金が貯まったら……ではなく、長いローンが組める若いうちから始めるべきと、不動産投資のプロは語る。

人生100年時代。現役時代から堅実に「老後資金2000万円」を準備する方法とは?

医療の発達により、まもなく“人生100年時代”が到来すると言われている。しかし、元気に働ける期間は有限だ。そこで注目されているのが、将来に向けた資産形成のための投資用不動産だ。

そんな投資用不動産のメリットについて、実際の所有者はどのように感じているのか。物件の開発・販売・管理と不動産におけるトータルサポートを強みとしている株式会社アセットリードの物件を所有するオーナー3人と、それぞれの担当営業を交え、ざっくばらんに語ってもらった。

一乗谷朝倉氏遺跡

大河ドラマ「麒麟がくる」から~朝倉義景、朝倉一族について~

皆さん、こんにちは。9月中旬以降、明らかに季節が夏から秋に変わったのは皆さんも肌で感じているのではないでしょうか。毎年この時期は体調を崩す方が多くいらっしゃるのですが、今年は「新型コロナウィルス」の影響で健康や体調に各自が細心の注意を払っているので、体調を崩す方は比較的に少ないのではないだろうかと考えています。またインフルエンザも常時マスクを着用しているので、流行は最小限に抑えられるのではないかと考えています。コロナウィルスに過度な心配や油断は禁物ですので、日常から最低限の注意や配慮をして対応していけば良いのではないかと思っています。

2020年9~10月国内外ニューストピックス

当社、編集部が独自に選んだ主要ニュース(出展:日本経済新聞)は、「①基準地価」「②世界オフィス」「③不動産私募ファンド」の3つです。今月は不動産関連特集です。

デジタル化

コロナ禍でわかった日本のデジタル化の遅れもそんなに悪い事象ではない。

コロナが呼び起した現象で、特に我が国の社会経済構造の中でのデジタル化の遅れが、強烈な批判を浴びている。
確かに行政の支援金の対応、コロナ関連のデータ集計のおそまつさ、テレワークやリモートワークの有効性、キャッシュレス決済の未発達と、あらゆる分野でのデジタル化のスピードは世界と比べ、もう一周どころの遅れではないことが露呈された。

樋口一葉

日本銀行券(紙幣)の人物について「樋口一葉」

皆さん、こんにちは。今年の夏休みやお盆は「新型コロナウィルス」感染を抑える為にご実家への帰省や家族旅行を控えた方も多かったと思います。4月の「緊急事態宣言」から日々の生活を含めたあらゆる活動が制限されていますが、この状況が飛躍的に改善、変化したりすることが余り考えられないので、こんな時こそ時々の状況を客観的に楽しめたりするように出来たら良いなと思っています。皆さんも個々の楽しみ方で内向きになることなく、快適に過ごせるようにしていってください。

ウィズコロナ

ポストコロナは、やはりウィズコロナでしかない?

世界は今、21世紀に入ってから、初めての強い心労と不安を抱えている。最大のストレス要因は、もちろん新型コロナウイルスの感染拡大がとまらないことである。この状況が長引くことによる、経済的なダメージや生活の急変、とにかく先が見通せないという視界不良が人々の心に重くのしかかる。

2020年6~7月国内外ニューストピックス

当社、編集部が独自に選んだ主要ニュース(出展:日本経済新聞)は、「①コロナ禍、首都機能分散か東京一極集中か」「②コロナ禍、米中新冷戦の様相」です。

鶴岡八幡宮

日本三大悪女と呼ばれる人物について「北条政子」

皆さん、こんにちは。7月に入って昨年同様に西日本で梅雨前線が猛威をふるい甚大な被害を及ぼしています。安心、整備が整っているであろうと思われている「1級河川」の堤防が決壊して、付近の住民の方は大切な生活基盤である住宅が損壊・倒壊し、非難所などで不自由な生活を強いられています。避難生活に追い打ちをかけるように「新型コロナウィルス」への感染も注意しなければならない、気の休まる時がないようで一日も早く以前の生活が戻るように祈っています。

コロナ感染防止

コロナ共存時代の最高の経済対策は感染防止対策につきる

新型コロナウイルスの感染拡大が日本では一服感が広がり、社会のムードもやや明るさを取り戻そうとした矢先に、東京ではまた感染者が増加し始めた。欧米でも経済回復で、規制を大幅解除して、自由な行動を起こし始めた所から、また、感染拡大のニュースが聞こえてきて、新興国は実態すら定かではなく、WHOは今まだ世界は感染拡大の真っ最中であるという緊急警告を発表した。