ライフスタイル

家康像

もしも「関ケ原の戦い」で西軍が勝利したら後の世はどうなっていたのか

皆さん、こんにちは。東京オリンピック・パラリンピックも終わり、首都圏の一都三県の新型コロナウィルスの感染者数が一時期より減少しつつある中(医療機関の逼迫状況は引き続きではありますが)、季節の変わり目に差し掛かって体調を崩す方が多くなっているようです。皆さんも気温の大きな変化による体調には充分留意してください。

観光戦略の「おもてなし」はもう色あせた。

観光戦略の「おもてなし」はもう色あせた。

2020の東京オリンピック・パラリンピックに向けた観光立国の戦略は、政府から地方にいたるまで「おもてなし」のスローガン一色であった。しかし肝心の2021年オリパラは無観客で世界から全く観光客を呼べずに、多大な投資をした「おもてなし」プロジェクトは空振りに終わった。

新国立競技場

史上2度の東京オリンピックから何を思うか?

2020東京オリンピックは2021年にコロナ禍での開催で世論が割れた中で、17日間に渡って実施された。
東京五輪が何を目指し、何を得られなかったか、戦後史の長い時間の流れの中で1964年の東京五輪との対比で、今回の五輪を考えてみた。

戦国時代から江戸時代にかけて行われた軍団編成の一種「赤備え」~武田、井伊、真田の「赤備え」について~

皆さん、こんにちは。また今年も豪雨による被害が日本各地にその爪痕を今も残しています。1週間くらいの期間にその土地の1ヵ月の平均降水量を超えたり、今年に限ってはこの2週間から3週間の期間で年間平均降水量を超えたというのも報道されていました。この原因が「温暖化」によるのは明らかで、特に1級河川と呼ばれる河川が氾濫して被害が甚大になっています。また土砂崩れも多発しています。日々の生活は危険と隣り合わせであることを再認識し、危険と感じたらすぐに非難するのは勿論ですが、平常時から避難場所やルートの確認と備蓄品の確認などやっておくべきことを忘れずにいることを実感しました。

長谷川平蔵・遠山金四郎屋敷跡

時代劇で人気の江戸時代の名物奉行 ~大岡越前、鬼平(長谷川平蔵)、遠山金四郎について~

皆さん、こんにちは。関東地方も梅雨入りした途端、台風が接近しその影響で梅雨前線が活発化し、各地に多大な被害をもたらしています。つい先日も静岡県熱海市が甚大な被害を受け、ニュースなどで土砂崩れや土石流が多くの家屋や車などを一気に飲み込んでいく映像が流れていました。被害を受けられた方々には一日も早く元の生活が戻ってくるように願っています。ここ数年連続で、日本各地で水に関わる甚大な被害が起こっています。原因は地球温暖化であると言われています。確かに主たる原因はそうだと思いますが、対策を講じておけば防げた被害もあるのではないでしょうか。信濃川や球磨川と言った一級河川と呼ばれる河川の氾濫は対策不足と言われています。温暖化の進行速度を落とす努力は日々私たちが生活から心がけていくべきで、行政には河川や斜面などへの対策を危機感を持って早急にしていただきたいと思いますね。

ワクチン

コロナ禍で様々なことが思い知らされた。

未だ、収束がいつ頃になるか、一向に見通せないコロナ禍であるが、この1年のコロナ騒動でいろいろなことが、暴きだされてきた。平穏時には隠れて見えぬ、本当の実力が、白日の下に照らされるのはいつも非常時にである。
全人類が同時に同じ災禍に見舞われるのは、別に珍しいことではない。人類史上何度となく、世界大戦やウイルス細菌のパンデミックが世界的規模で、数年にわたって巨大な災難をもたらしたことは、何度も経験してきている。
そこでいやでも浮かびあがるのは、それぞれの国々の災禍に対する対応の善し悪しであり、得手、不得手である。

弘道館

大河ドラマ「青天を衝け」渋沢栄一に最も影響を与えた人物・思想 ~平岡円四郎、水戸学について~

皆さん、こんにちは。緊急事態宣言は多くの方の予想通り延長されましたね。またワクチン接種が始まり、様々な問題や事故の報道がされていますが、その進行具合は世界基準から見るとかなり遅いのが実状です。オリンピック開催も控えている状況下において、政府や東京都は国民や都民の生命を守りながら、開催が可能であるとどのような根拠を持っているのか、いつどのタイミングで説明を行うのか誰もが待っているのではないかと思います。

岩崎彌太郎

大河ドラマ「青天を衝け」渋沢栄一に関わる人物 ~三菱グループ(旧三菱財閥)の創業者「岩崎彌太郎」~

皆さん、こんにちは。東京都などの1都2府1県に3度目の緊急事態宣言が発出され、まん延防止措置が適用されている自治体もあり、今年のゴールデンウィークも外出が制限されていて、幾つかの業界にとっては更なる打撃であり、それに対する保証がないことに憤りを感じている人たちが多くいるようです。この未曽有の事態に対応する行政(政府や自治体)の対応についても不満など感じている方々のことも連日報道されています。その日、その時で状況は変化するので、私たちは目の前のことに誠実に対処していくしかないのかなと思います。