ライフスタイル

ラクビー日本代表の活躍から見えてきたこの国の未来

ラクビ―ワールドカップ日本大会の盛り上がりは目を見張るものがあった、にわかラクビーファンが街にあふれ、史上初の8強進出にテレビの視聴率もうなぎ上りであったと聞く。このチームが日本人オンリーではなく、むしろメンバ―31人中16人が様々な国の出身というまさしく混血チームであったということが、強い印象として、国民の目には映ったと思われる。ラクビ―が、外国人をナショナルチームに入れやすい、かなり開かれたスポーツであることを認識させられた。

今上天皇の即位礼正殿の儀を見て「歴代の天皇」の中から

皆さん、こんにちは。9月・10月と台風が関東地方を続けて襲い、各地での甚大な被害の報道がされていて、自然の驚異を改めて感じています。特に水の力に対する人間の無力さを見せつけられているようでした。来年以降に発生し、日本付近にやってくる台風の勢力が強くなることは誰の目にも明らかで、私たちは自らが自らを守る「自助」への心掛けをより一層持たなければならないのだと改めて感じました。被災された方の1日も早い以前同様の生活への回復を心より願っています。

関西電力に見る巨大企業に君臨する人達の傲慢

今回の一連の関電事件の経緯を見てて、思うことは、若い頃から優秀で、仕事も出来、人望もあり、それなりに倫理観も失わなかったが故に、組織の頂点に上り詰めていったであろう人達が何故かくも世間常識からかけ離れた言動が可能になっていったのかに、関心を持った。

10月に亡くなった歴史的な偉人「俳人・松尾芭蕉」

皆さん、こんにちは。9月の半ばあたりから「秋」を感じられるような季節になってきて、日々の生活や通勤の行き帰りが快適になったと私は感じています。食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋と言われていますが、皆さんは「どんな秋」を予定していますか。

9月に亡くなった歴史的な偉人「寧々・高台院」

皆さん、こんにちは。8月のお盆の際には故郷へ帰省されたり、ご家族と旅行に行かれたりと休日とは言うものの移動などもあって気を張っていたことと思います。ただお盆の時期は日本人として決して忘れてはならない「鎮魂」の期間であります。6日の広島と9日の長崎の原爆、12日の御巣鷹山、15日の終戦がそれにあたります。今一度、この時期にこれらの事件や事故について考えてみることが必要なのではないかと思っています。

香港デモにみる自由への強い意志

香港の暴動がすさまじい。未熟国の暴動だと眺めているだけでは、社会的に見ても、歴史的に見ても人間としての想像力や感性が乏しすぎる。
あの100万人、200万人という若者を中心とする抵抗のエネルギ―はどこから来るのか。少なくても我が国ではここ数十年とみられない光景である。
自由への希求と人間の尊厳を守るために、立ち上がる熱気に、本当に人間にとっての大義は何かと考えさせられる。

頻発する無差別大量殺人はテロか通り魔か

伏見の京都アニメーションスタジオ放火無差別殺人事件は犠牲者数は、現在のところ35名と、若い人を中心として、日本アニメ界の現場の能力ある人材の未来を一瞬にして奪い去った。犯人は40代の男で派遣社員を転々として、身勝手な私怨や不満、憎悪の対象を京アニに集中させたという初期報道が報じられている。

全国の都道府県の偉人たち<第1弾>

皆さん、こんにちは。7月の下旬から7月初めの涼しさが嘘のような暑い日が続き、7月最終日の31日には日本全国で梅雨が明けましたね。予報用語に「熱帯夜」「夏日」「真夏日」「猛暑日」というものがあるのは皆さんもご存じかと思います。35度以上の日は「猛暑日」にあたりますが、かつて最高気温が35度以上の日を「酷暑日」とマスコミが表現し、ある程度浸透したのですが、35度以上になる日が増加したことから気象庁が2007年4月1日に予報用語を改正し、35度以上の日を「猛暑日」としました。その為、「酷暑日」は「猛暑日」の俗称という位置づけになりました。因みに日本語には「とても暑いこと」を表す言葉として他にも「激暑(劇暑)」「炎暑」がありますが、これらには正式な用語ではないので「日」は付けられないらしいです。

結婚不要社会の到来

先日、大型書店で歴史本を探していた時に、たまたま、新書コーナーの新刊本で思わず目を引く、題名の書籍に出くわしました。

7月に亡くなった歴史上の人物について

皆さん、こんにちは。6月26日にようやく九州北部・四国・中国・近畿で梅雨入りが発表され、日本全国が梅雨入りしましたが、実際には梅雨入り前から降水量は増加し、各地で局地的な豪雨は起こっていました。この時期の雨は農作物にとって大事なものではあるので、適度に降って貰いたいという思いですね。