投資・資産運用

「人生100年時代」を豊かにする投資用不動産

医療の発達により、まもなく“人生100年時代”が到来すると言われている。しかし、元気に働ける期間は有限だ。そこで注目されているのが、将来に向けた資産形成のための投資用不動産だ。

そんな投資用不動産のメリットについて、実際の所有者はどのように感じているのか。物件の開発・販売・管理と不動産におけるトータルサポートを強みとしている株式会社アセットリードの物件を所有するオーナー3人と、それぞれの担当営業を交え、ざっくばらんに語ってもらった。

不動産投資で節税対策。どんなものが経費計上できる?

サラリーマンがマンションなどの不動産に投資して利益を得る不動産投資が注目されています。不動産投資にはさまざまなメリットがありますが、うまくいけば長期に渡る不労所得が得られて、なおかつ節税対策になるという点に魅力を感じている人も多いのではないでしょうか。

不動産所得で大きな利益を得ることができても、節税対策をしっかりしておかないとせっかくの利益がほとんど税金で持っていかれるという事態になりかねません。

不動産投資のトータルリターンを有利にするためには、節税対策を極めることが大切です。節税対策の大事なポイント「経費計上」について詳しく説明します。

【株式投資】ヤフーファイナンスのランキングを利用し旬な企業を見抜こう!

多くの投資家に使用されている株式検索ツールとして株式ランキングという機能があります。

様々な投資情報サイトが株式ランキング機能を提供していますが、この機能を利用すると条件に当てはまるような企業の株式を見つけやすくなります。

ここでは株式ランキングの最も代表的なツールであるヤフーファイナンスの株式ランキングを使って、具体的に株式ランキングについて解説していきます。

株の売り買いの場?日本の「証券取引所」とは何か?

まだ株の取引をしたことのない人にとって株の売り買いはどこで行われているのか疑問に思うかもしれません。

人と人とが手渡しで株券とお金を交換している姿を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、実際は売買を行う上で投資家同士が出会うことはありません。

また、かつて存在していた紙の株券も今では存在しなくなっています。

今日ではインターネット上で株の売買を簡単に行うことができるようになりましたが、投資家は取引する際に知らず知らずのうちに取引所を介して取引していることになります。

本記事では株式投資の基礎として知っておきたい証券取引所の知識をお伝えしていきます。

不動産投資の要、銀行融資の基本を知っておこう!

不動産投資でぶつかる大きな壁が、銀行融資ではないでしょうか。

不動産投資の知識を仕入れ、物件情報をたくさんそろえていても、融資が通らないことには話が進みませんよね。

「投資用に良いマンションを見つけたけど、融資が通らなかったらどうしよう」

そう思ってこのページを見ている人もいるでしょう。

しかし、物件ありきで融資を考えるのは居住用住宅ローンの考え方です。

不動産投資を始めるときに大切なのは、融資ありきで物件を探すことです。

不動産投資の要である銀行融資の基本と、融資が通りやすい物件とは何か?についてお話しします。

節約効果もバッチリ!株主優待の仕組みと魅力

株式投資によって利益を手に入れるには、三つの方法が存在します。
一つが、株を買ったり売ったりして得られる売買益。
二つ目が、配当によって得られる配当金。
そして、三つ目が株主優待によって利益を得る方法です。

株式投資ときくと、売買益や配当を受け取ることによって利益を手に入れるというイメージを持たれている人も多いかもしれませんが、実は株主優待で手に入れられる利益も利回りで見れば、それほど小さなものではないのです。

今回は、節約にもつながる株主優待の仕組みと魅力について紹介していきたいと思います。

お金の置き場所を変えるだけ!25%もお金が増える資産形成術

あなたは、お金をどこに置いていますか?

これは、財布の中とか引き出しの中とか机の上という意味ではありません。資産運用するにあたって、どこに置いているのか、という意味です。

資産運用の経験がない人でも「リターンが増えればリスクも増える」というイメージぐらいはお持ちでしょうが、実は、リスクを増やさずにリターンだけ増やす方法があるのです。

そこで今回は、お金の置き場所を変えるだけでリターンを増やす方法をお伝えいたします。

相場より安くても注意!容積率や建ぺい率オーバーの物件とは?

不動産情報を見ていると、たまに相場の価格よりも安く売りに出されている物件を見つけることがあります。

物件詳細を確認してみると、容積率オーバーといった文言や建ぺい率オーバーといった文言が添えられています。

しかし、不動産知識がない人にとっては、何を意味しているのか分からないかもしれません。相場よりも価格が安いということは、それだけで魅力的に見えしましょうでしょう。

だからといって、なにも知らずに購入してしまうと、後々トラブルに発展することもあります。

そこで、今回は容積率や建ぺい率オーバーの物件について紹介していきたいと思います。

35歳までに始める少額不動産投資 !早めに始めるのが吉!

不動産投資というと、生活に余裕がある早期退職者や、一部の資産家がするもの、というイメージがありませんか?

「今は子どもの教育費や住宅ローンで手がいっぱい。退職金が出たタイミングなど、資金に余裕が出てきたらやってみよう」などと思っている人は多そうです。

しかし、そういったイメージはもはや過去のものです。

マイナス金利の影響で金融機関が積極的に投資用ローンの融資を行うようになり、サラリーマンが本業のかたわら不動産投資をするのが普通のことになってきました。

そう、不動産投資はもう資産家のものだけではないのです。まだ資金力に余裕がない若い世代でも、少額から不動産に投資することは可能です。

そこで今回は、35歳までに始める、少額不動産投資の方法をご案内します。

こんな男性に不動産投資をオススメしたい!目指せサラリーマン大家での不労所得!

一昔前なら賃貸経営などの不動産投資は「お金持ちがするもの」でしたが、最近では投資自体が一般的になってきたこともあり、普通の方でも十分に手が届くものとなりました。

とはいえ、まだまだ投資未経験という方も多いので、「自分には関係ないこと」と考える事も多いようです。

そこで今回は、不動産投資がピッタリな男性の特徴や注意点をお伝えします。