不用品などの販売を行うフリーマーケット。最近では子供が売り主や買い主になる「キッズフリーマーケット」や、スマホを通じて不用品の販売ができる「フリマアプリ」など、その形式も非常に多様化しています。そういえば、フリマという略称もすっかり定着しました。さてこのフリーマーケットの「語源」を、皆さんはご存知でしょうか。フリーマーケットのフリーは、実は自由のfree「ではない」のです。

「自由の市」ではなく「蚤の市」

さっそく辞書を調べてみましょう。広辞苑(第七版)でフリーマーケットの項目を見ると、さっそく答えが載っていました。「フリー‐マーケット 【flea market】蚤(のみ)の市。フリマ」。

そう。ここで言うフリーとはfreeではなくfleaのこと。つまり蚤や虱(しらみ)のノミのことを指す言葉なのです。あまりのイメージのギャップに驚いた人もいるかも知れませんね。

語源が蚤である理由は、フリーマーケットの歴史に隠されています。そもそもフリーマーケットの始まりは、19世紀からフランス・パリ郊外の野外で毎週行われている、古着・がらくたの露店市でした。

その市の名前がmarché aux puces(マルシェ・オウ・ピュス)、英語ではflea market、日本語では蚤の市だったわけです。

ではなぜ古着・がらくたの市が、蚤の市と呼ばれたのでしょうか。

一説には「蚤が付くくらい古いものを売っていた」(参考「『サバを読む』の『サバ』の正体」NHKアナウンス室編、新潮社、2014年)との見方もありますが、いっぽうで「ノミの俗意『くだらない』『おんぼろ』に由来すると思われる」(参考「日本大百科全書・ニッポニカ」ネット版、小学館)との見方もあるようです。

日本の協会はfreeを名乗っている

とはいえ、日本人の多くはフリーマーケットのフリーを、freeだと理解しているようにも思われます。そしてその理解が「あながち間違っていない」事情もあるのです。

日本語に英語経由でフリーマーケットという言葉が伝わったのは1975年~76年のことでした。当時の雑誌において、米国における新しい社会風俗としてこの言葉が紹介されたのです。

そして、1979年に大阪で日本初のフリーマーケットが開催されることになりました。

実はこのイベントの開催時に、すでに「第一回フリーマーケット(Free Market)」という名称が使われていたのです。英語表記のつづりを注意深く見ると、fleaとすべき表記がfreeになっていることが分かります。

この表記について、同イベントを開催した日本フリーマーケット協会のウェブサイトに、以下のような説明がありました。

「本来『蚤の市』と訳される『Flea Market』を日本で開催するにあたり、誰もが気軽に参加出来るように親しみをこめて『Free Market』とし(中略)商標登録・サービスマーク等の登録を行っています」。

この観点に立つならば、フリーマーケットのフリーをfreeと解釈することも、あながち間違いではないのかも知れません。

ではfree marketとはどういう意味?

ちなみに、英語でfree marketと表現すると、それは何を意味することになるのでしょうか?

その答えは英和辞典に載っています。例えばウィズダム英和辞典(三省堂)には「〘経〙自由市場 (!フリーマーケットはノミの市のこと; → flea market) .」とありました。わざわざ蚤の市のことまで書いてありますね。

解説にある「自由市場」とは経済学の用語のひとつ。誰もが自由に取引できる市場を意味する言葉で、「計画経済」(国家が完全に主導する経済運営)の反対語です。

蚤の市のつもりで「free market」と言ってしまうと、ずいぶん堅苦しい意味に変わってしまうので、注意が必要でしょう。

ライタープロフィール

もり・ひろし
もり・ひろし
新語ウォッチャー。1968年生まれ。電気通信大学卒。CSK総合研究所(現CRI・ミドルウェア)を経て、新語・流行語専門のフリーライターに。辞書・雑誌・ウェブサイトなどでの執筆活動を行う。代表的連載に日経ビジネスオンライン(日経BP社)の「社会を映し出すコトバたち」、現代用語の基礎知識(自由国民社)の「流行観測」欄など。