会社が社員を定年まで守ってくれるという時代は終わりました。そこで、大切になってくるのが、自分で自分を守っていくという考え方です。その方法の一つとして転職があります。

現在の会社に対する不満が大きくなった結果、転職を考えるようになったという人もいるかもしれません。だからといって、いきなり行動に移すのは早計といえます。そこで、今回は転職を考えた時に確認しておきたいことについて紹介していきたいと思います。

転職したい理由を明確にする

会社に対する不満が大きくなった結果、転職を考える人が存在します。しかし、あまりにも早すぎる行動は辞めておいた方が無難です。なぜならば、転職活動は思っているよりも簡単ではないからです。

自分のキャリアアップのためといった明確な目標があれば転職活動の道も見えてきますが、不満が大きくなり過ぎた結果、現在勤めている会社を辞めることを急ぎ過ぎると、後々苦労してしまいます。

そこで、まずは自分が何に対して不満を持っているのかを明確にする必要があるのです。

もし、人間関係に悩んでいるのであれば、その人間関係が今後もずっと続くのか?といったことを考えてみましょう。これから長い期間、会社に勤めていれば人事異動の可能性もあるでしょう。

そうなれば、現在の人間関係が続くとは限りません。また、自らキャリアアップのために人事異動を申し出ることができる場合もあるでしょう。そうなれば、人間関係は解消される可能性もあるのです。

また、給料面で不満を感じているのであれば、給料を上げるための方法を探してみましょう。

資格を取得することによって給料が上がる可能性もありますし、ボーナスの査定条件を確認することによって、思わぬ突破口が見つかるかもしれません。

このように、転職したい理由を明確にすることによって、解決策がないかを探ることができます。もし、解決策が見つかれば、もうしばらくの間、様子を見ることができます。改善が見られなかった時は、この様子を見る時間を使って転職活動ができるというメリットもあります。

転職時に求められるもの

転職を考えているのであれば、その準備が大切になってきます。中には、会社を辞める直前になって準備を始める人もいるようですが、それでは転職に成功することは難しくなります。

転職の成功とは、現状の不満が解消された上で、今までと同程度かそれ以上の収入を手に入れることです。

そのためには、どのような準備が必要なのでしょうか?

それが、自分をどのようにして売り込むのかという戦略です。就職に有利に働く資格が存在します。それらの資格を取得しておくのも一つの方法です。

面接時に、前の会社に対してこのような不満を感じていて、それを解消するために御社を選んだこと。そして、そのために必要だと考えて、この資格を1年間会社に行きながら勉強して取得した。

このように明確に説明することができれば、計画性を認められる場合もありますし、離職の原因となった問題に向き合い、問題解決をしようとした積極性を感じることができます。

転職先に求めるものも明確にしておく

転職先に何を求めますかと聞かれると、どのように答えますか?この質問に対して、いくつもの答えが出てくる人もいるでしょう。

収入アップや休日の確保、職場環境の良さ。もし、複数の答えが出るのであれば、優先順位を明確にしておく必要があります。

つまり、絶対に妥協できない部分を明確にしておくということ。この部分さえ明確になっていれば、転職先に求めることがブレることはありません。自分が何を大切にしているのかを転職の指針にするのです。

この部分を明確にしないまま転職活動を行うと、自分の中の軸が定まっていないため、どの企業に対しても不満点が見えるようになってしまいます。

転職先に求める条件を明確にしておけば、その他の条件に対しては完璧を求めることがなくなり、選択肢となる企業の数も増えるでしょう。

まとめ

転職を考えた場合、大切になってくるのは慌て過ぎないということです。自分が抱えている不満としっかりと向き合い、本当に解決策がないのかを確認するようにしましょう。

仮に、解決策がなかったとしても、すぐに行動に移すことは控えるようにしてください。転職は何度も繰り返せるものではありません。

だからこそ、慎重な行動が求められるのです。転職を考えているのであれば、少なくとも1年程度の準備期間を設けることをおすすめします。

その間に、自分をどのようにして売り込んでいくのか?その戦略を立てながら、実践していくことこそが、転職成功のカギを握っているのです。

ライタープロフィール

MONEY-ON編集部
MONEY-ON編集部
MONEY-ON(マネーオン)は、仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信。