老後を迎えるときに年金で生活が成り立っていくのか、将来に向けて安定した収入が確保できるのか不安に感じる人もいるでしょう。先行きが不透明な世の中を生き抜いていくために、できるだけ金銭的な不安をなくしていきたいと考えるものです。 保有する資産を守りながら、積極的に資産形成を検討することもありますが、有益な資産形成の方法として注目を集めているのが不動産投資です。

「物件購入→賃貸→家賃収入」という流れが基本

資産形成にはさまざまな方法がありますが、不動産投資は注目を集めている方法のひとつです。興味はあるけれど、何から始めればよいのかわからない人は、不動産投資の始め方について見ていきましょう。

誰でも不動産投資は可能?

不動産投資はサラリーマン、OL、主婦などさまざまな人が興味を持ち始めています。なぜなら、年金など社会保障制度の信頼が揺らいでいることと、今の安定した収入が継続的に得られるのか漠然とした不安があるからです。

自分自身で資産や生活を守るためには、労働収入以外の収入源を確保する必要性を感じている人が増えてきています。不動産投資は、条件さえ整えば誰でも挑戦できます。

物件購入は慎重に!

不動産投資は物件を購入し、賃貸して家賃収入を得ることで収益を上げる投資方法です。

まず、投資用の物件を購入する際に立地や価格、予想される賃料や経費、税金などのシミュレーションをしっかり行う必要があります。

購入時にシミュレーションを正しく行わないと想定していた収益が得られない可能性があるので注意が必要です。

物件が決まったら現金で一括購入するか、金融機関から融資を受けるという方法があります。

賃貸を始める

中古物件ですでに入居者がいる場合は、購入したその日から家賃収入が見込めます。新築物件や空室物件の場合は、入居者を募集するところから始める必要があります。

管理会社に依頼して入居者の募集や入居審査を行うことで、家賃滞納のリスクを回避できる可能性が高まります。賃貸契約が締結され、入居者が入居したら賃貸がスタートします。

家賃収入を得る

金融機関から融資を受けた場合は、家賃収入をローンの返済に充てることができます。そのほかに家賃収入から差し引かれる経費は管理費、修繕積立金、固定資産税などです。

これらをすべて差し引いて残った金額が利益となります。現金で物件を購入した場合は、ローンの返済分は考慮しなくてよいので、経費のみを差し引いて残った金額が利益となります。

働きながらできる投資方法!

不動産投資は投資用不動産を購入し、賃貸して家賃収入を得るという流れが基本です。家賃収入から経費を差し引いた差額で収益を得るというシンプルな仕組みです。

特別な経験は必要なく、時間をそれほどかけずに不労所得を得られるのが魅力です。そのため、サラリーマンとして働きながら賃貸不動産を所有する人も増えつつあります。

 

家賃収入によるインカムゲインがメイン

不動産投資はリスクが高いのではと思われている人が多いようですが、実はローリスクでミドルリターンの投資であると言われています。

不動産投資はインカムゲインを目指す!

不動産は固定資産であり、価格の変動はそれほど大きくありません。資産を保有しながら家賃収入を得ることで、安定して長期的に収益が得られるのが不動産投資の魅力です。

毎月安定的に入ってくる家賃収入(インカムゲイン)に期待ができるため、ローリスクと言われているのです。

キャピタルゲインを目指すのもひとつの方法

不動産投資には、キャピタルゲインを狙う方法もあります。キャピタルゲインとは、購入時の物件価格よりも高く売却することで得られる利益のことを指します。

キャピタルゲインを得るには、購入してから値上がりを待つか、安く物件を購入してリノベーションをして高く売却するなどのスキルが必要です。

売却益が高ければ高いほど、一時的に大きく収益が得られる可能性がありますが、タイミングを間違えると大きく損をしてしまうこともあるので注意が必要です。

堅実な投資をするならインカムゲインに注目しよう!

インカムゲインとキャピタルゲインにはそれぞれメリットとデメリットがあります。不動産投資初心者の場合は、家賃収入によるインカムゲインを狙うべきでしょう。

地道に貯蓄を積み立てていくのが得意な人は、毎月の安定した家賃収入をコツコツと堅実に積み立てていくようなインカムゲインに注目です。

 

不動産投資の成否を分ける物件選び

インカムゲインを得る投資方法を目指すなら、物件選びはとても重要です。入居者がなかなか見つからないような物件を購入してしまうと、そもそも家賃収入が得られません。

では、どのような物件を選ぶとよいのでしょうか。

不動産投資初心者が選ぶとよい物件は?

不動産投資物件は、マンション、アパート、戸建て、シェアハウスなど多岐にわたります。しかし、不動産投資の一番のリスクは家賃収入が途絶えてしまうことです。

都心のワンルームマンションであれば、一人暮らしの人が住むことが多く、比較的出入りが多い傾向にあるものの、次の入居者も見つかりやすい傾向があります。

不動産投資初心者の人はワンルームマンションから始めてみるのがオススメです。

安定したインカムゲインを目指すには

不動産投資で重要になるのは、退去時の原状回復や物件が傷んだ際のメンテナンスです。

ワンルームマンションはファミリータイプよりも面積が狭いのでリフォーム費用は安く済む傾向にあります。その結果、メンテナンスにかかる費用も低く抑えられます。

不動産投資にもさまざまな種類がありますが、リスクを最小限に抑えられるのはワンルームマンションだと言えます。安定した収益を上げやすいワンルームマンションの物件を厳選するのがよいでしょう。

 

不動産投資の仕組みを知って自分にあった投資を!

将来が不安で投資をしたいと考えている人は、できれば損をしないで確実に収益を得たいと考えているのではないでしょうか。

資産を保有しながら安定的に収入を得るような投資方法を検討したいと思ったら、不動産投資の仕組みを学び、まずはワンルームマンション投資から始めてみてはいかがでしょうか。

 

The following two tabs change content below.
MONEY-ON(マネーオン)は、仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信しています。 https://money-on.jp/