いったいなぜ?個人投資家に大人気の株式「すかいらーく」の魅力

株式市場には様々な企業が上場していますが、個人投資家に注目されている企業の一つにすかいらーくがあります。すかいらーくは、ガストやバーミヤン、ジョナサンなど私たちの生活において馴染みのあるファミレスを展開しているのですが、その企業の株式が「ある理由」によって個人投資家に大注目されているのです。ここでは多くの個人投資家に支持されているすかいらーくという企業に焦点をあてて、その魅力と投資する際の注意点、すかいらーくのような外食企業を選ぶポイントをまとめていきます。

老後における公的年金の受給金額の計算方法

日本で何年も生活しているのに、意外なほど理解できていないものの一つに年金制度があるのではないでしょうか。大きく分けると公的年金(国民年金や厚生年金)と私的年金があります。公的年金が国レベルで準備してくれる年金なのに対し、私的年金は自分で準備する年金です。そして、公的年金にも、家族が亡くなったときに受け取れる遺族年金、障がい者になったときに受け取れる障害年金、老後に受け取れる老齢年金の3種類があります。今回は、老齢年金の基礎知識や受給金額の計算方法をお伝えいたします。

投資初心者は必見!株式投資にある3つの利益を知ろう!

先行きが見えない現在において、資産運用は大切な自己防衛手段です。将来の自分のために投資を行おうと考えている人も多いでしょう。

しかし、一言で投資といっても、その選択肢は実は思っているよりも多いものです。何にいくら投資するのか?という部分は資産運用において、とても大切な部分になってきます。

そこで、今回は投資の選択肢の一つ、株式投資について紹介していきたいと思います。

滑り落ちた時のために!常に意識しておきたい這い上がる方法とは

普通に正社員として生活していると意識できないこともありますが、現代は「滑り台社会」とも揶揄されています。

一度でも非正規などに滑り落ちると簡単には這い上がれず、格差社会の底辺にずっと追いやられてしまうから、そう言われています。イヤな現実ですよね。

もしあなたが滑り落ちてしまったら、どうやって這い上がればいいのでしょうか。今回は、その這い上がるための準備方法をお伝えします。

商人(しょうにん)と商人(あきんど)。その語源を探る。

商い(あきない)という言葉があります。もちろん「品物を売買すること」を意味する言葉ですね。商いをする人のことは「商人」と呼びます。その商人という熟語なのですが、ふりがなでは「しょうにん」「あきんど」というふた通りの読みをつけることが可能です。この「しょうにん」と「あきんど」の語源はなんだろう?――というのが今回のテーマです。これらの語源には、中国と日本における古代の商業史が刻まれていました。

支給打ち切りが話題。改めて障害年金の内容を振り返ろう

2018年5月、障害年金の支給打ち切りについてのニュースが話題になりましたね。厳密には打ち切りが決定したわけではなく、日本年金機構が一定の障害年金受給者に対し「支給の打ち切りをするかもしれない」という予告を出した段階なので今後どうなるかはわかりません。

しかし、このニュースで障害年金についてSNS上でも広く取り沙汰されることとなり、その存在を改めて意識した人も多いでしょう。知っているようで案外知らない障害年金についてお話しします。

投資初心者におすすめ!投資信託で運用はプロに任せよう!

投資を始めてみようと考えて、調べてみると投資対象は数多く存在します。そこで、気になってくるのが、初心者に向いている投資とは何か?という点です。今回は、投資初心者の方におすすめできる投資について紹介したいと思います。

投資の王道を突き進みたい若者へ!「分散投資・長期運用・積み立て」をおすすめする理由

「分散投資と長期運用と積み立て」は投資の王道と言われています。この王道に則って投資をすることで今や100兆円規模で運用しているファンドがあります。それが「ノルウェー政府年金基金」です。ノルウェー政府は北海油田の収入を将来の国民の年金を支払うために運用しています。今回は、そんなノルウェー政府年金基金の例をもとに、若者にこそおすすめしたい分散投資・長期運用・積み立ての大切さをお伝えいたします。

株を始めたい初心者へ!証券口座の開設にあたっての必要事項

株をやってみたいけど、証券口座の作り方がわからないという人は意外と多いものです。

証券会社や銀行といった金融機関出身であるならいざ知らず、全く金融と関係ない仕事をしている人なら、そもそも自分に株ができるのかという疑問を持ってしまうのも仕方ないことでしょう。

しかし、株はいまではだれでも行っていますし、準備さえ整えば0歳児の赤ちゃんでも株式投資用の証券口座を持つことができるのです。

ここでは株の始め方と銘打ち、最低限準備しておきたい株式投資のための5つのステップをご紹介していきます。