貯金を続けていくのは簡単ではありません。毎年、年初に目標貯金額を設定してみても、計画通りに貯まらない。そんな人もいるでしょう。

これでは駄目だ、そう思った人が次に考えるのが、家計の見直し。家計を見直すことによって、出費を減らしていき、減らした出費分を貯蓄に回す。これができれば、貯金は増えるはずです。

しかし、出費を減らすといっても簡単ではありません。今まで、何度も家計の見直しをしてきた人もいるでしょう。

そこで、今回は大きな効果が期待できる家計の見直し方について紹介していきます。

2つの出費?

家計の出費は大きく二つに分けることができます。それが、毎月の支払額があまり変動しない固定費と、毎月の食費や交際費といったように月によって変動する変動費です。

多くの人は、節約する時に変動費に意識を向けることが多くなっています。その理由は、固定費は節約できないという思い込みにあります。

また、変動費の節約の方が簡単に取り組めるという現実も関係しているようです。確かに、日頃の買い物を意識することによって、それなりの節約効果が期待できます。

しかし、効果を考えた時には、やはり固定費の見直しをするべきなのです。

では、ここで代表的な固定費を紹介していきます。

  • 携帯料金
  • 家賃
  • 保険料

上記の3つが家計における代表的な固定費です。

固定費を見直す効果とは?

家計の見直しをするために、家計簿を見ながら削れる出費項目を探す。その時に、固定費は変えられないといった認識を無意識に持ってしまうと、その項目にメスを入れることはできません。

しかし、毎月一定の額が必要になる固定費を減らすことができれば、効果は大きなものとなります。

例えば、月に3,000円の出費を減らすことができれば、それだけで年間36,000円の節約になります。それをそのまま貯金に回せば、年間36,000円貯金が増えるのです。

効果は大きいけれど、携帯や保険は必要だし、どのように削ればいいのか分からない。そんな風に思う人もいるでしょう。実際、携帯も保険も私たちの生活からは切り離せないものともいえます。

ここで、問題にしているのは、持つことを辞めるのではなく、安くできないのか?という点です。

保険を見直す

例えば、保険を見ていきましょう。万が一のためにも、保険には必ず加入しておかなければいけません。だからといって、不必要な保険にまで入る必要はないのです。

最近では、保険の見直しや紹介をしてくれる窓口も増えました。まずは、これらを有効活用して、保険の見直しをしていくのです。

サラリーマンの方であれば、社会保障も充実しています。本当に、現在の金額の保険金が必要なのでしょうか?保険は、こういった点も考慮しながら入るべき保険を選んでいくことが大切になってくるのです。

携帯(スマホ)の料金プランを見直す

また、携帯料金も同じです。現在の料金プランが必ずしも最適な料金プランとは限りません。

キャリア携帯を使っているのであれば、営業所に行けば適切な料金プランの見直しをしてくれます。さらに、格安SIMという選択肢もあるので、そちらを検討してみるのも一つの方法です。

携帯料金を安くしたいけれど、格安SIMって本当に大丈夫なのだろうか?やはり、大手キャリアでなければ安心できない。

このように感じてしまい、格安SIMを選択肢から外す人もいるかもしれません。しかし、調べてもいないのに選択肢から外すのは賢明な判断とはいえないでしょう。

調べるための、時間と労力はかかってしまいますが、もし格安SIMで問題がないのであれば、格安SIMに変更することによって、少なくない金額が節約できるのです。

そのための、時間と労力だと思えばそれほどハードルは高くないと思いませんか?

固定費の節約は効果が継続する

一度、固定費を抑えることができれば、その後は今までと同じように生活するだけで、一定の金額が節約されていくことになります。

つまり、固定費の節約は一度行えば継続してくことができるということ。

変動費の節約の場合には、日々の努力が必要になってきます。だからこそ、継続が難しくなっているのです。

固定費を削減することができれば、何もしなくても継続していくことができるので、効果が継続的に得られるので、実感しやすいといえるでしょう。

大きな効果が期待できて、しかも簡単に継続していくことができる。この二つの効果は想像以上に大きなはずです。

もし、節約疲れを感じているのであれば、思い切って固定費にメスを入れてみてはどうでしょう?

まとめ

家計の出費は、固定費と変動費に分けることができます。固定費の見直しというのは、確かに難しい部分もあります。なぜなら、人間は環境の変化を嫌うからです。

今まで利用していた携帯や保険を変更するとなると、それだけで面倒くさく感じるかもしれません。しかし、その効果は本文で紹介した通りです。

もし、この効果を実感したいのであれば、次の休日にお近くの携帯ショップと保険の窓口に行き、相談してみることをおすすめします。

あわせて読みたい

小遣いアップもアリ!?思うほど貯金できない男性にお勧めの節約方法
貯金と節約が両立できる「500円玉貯金」をはじめてみよう!
【節約術】主婦必見!ちりも積もれば山となる!生活の無駄を見直し、節約マスターを目指そう!
これであなたも節約上手!簡単、おいしい、コスパ最強の節約料理術!
ちょっと待って!それ本当に必要?節約上手の買い物術!

ライタープロフィール

MONEY-ON編集部
MONEY-ON編集部
MONEY-ON(マネーオン)は、仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信。