働き方改革によって働き方の多様性が求められているなか、今年2018年は“副業元年”になるといわれています。 その大きなきっかけが2018年1月、厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成し、多くの企業が参考にする「モデル就業規則」の中にある原則副業を禁止する規定を削除したこと。厚生労働省が「副業禁止」から「副業容認」へと方針を変更したことで、副業促進の流れはますます加速していくことが予想されます。

副業の魅力

ここまで話題になっている副業ですが、その最大のメリットとは「本業を辞めずに収入アップできる」ことではないでしょうか。

現在の給与体系に不満を持っていても簡単に踏み出せないのが転職です。転職には時間も労力もかかるうえ、やっと選んだ会社が自分に適した職場かどうかは入社してみないとわかりません。

家族や生活、支えるものが多いサラリーマンにとっては、転職というハイリスクな行為で収入を増やすよりも、副業でプラスアルファの収入を得られる方がローリスク・ハイリターンな行為といえます。

まずは会社の就業規則をチェックしよう

収入を増やす方法として魅力的な副業ですが、どれだけ社会的に副業追い風の流れが吹いていても、避けられないのが勤務先の就業規則。

しかしここで確認しておきたいポイントがあります。それは、副業の定義を会社がどのように位置づけているかということ。

実は副業には明確な定義がないため、「二重雇用を禁止」しているのか「本業以外で収入を得ることを禁止」しているのかでそもそもの考え方が異なります。

前者の場合だと、たとえば株式売買やFXなどの譲渡所得など、雇用契約なしで得られる収入はOKということになります。

後者の場合はそもそも収入を他で発生させること自体が認められていないので、公務員同様に副業はあきらめるしかないでしょう。

いずれも、会社に副業の定義や禁止事項をしっかり確認したうえで行うようにしましょう。

副業をするうえで最も重要なことは「スキルをマネタイズすること」

サラリーマンが帰宅後に自宅でできる副業はいくつかあり、インターネットでもいろんな副業が紹介されています。

ここでもっとも重要なのが「手っ取り早く収入を得ること」ではなく、「自分自身のスキルをマネタイズすること」です。

マネタイズとは簡単にいうと「お金に変えること、収益化させる仕組み作り」のことです。

インターネット上の無料サービスを使えば、自分自身の持っているスキルや強みが無料でマネタイズできる場所が数多くあります。

もちろん、収益を得るまでに時間がかかることはありますが、自分のスキルを切り売りするので失うものは時間以外何もありません。

そしてスキルをいったんお金に変える仕組みを作ってしまえば、“初期投資なしで収入が継続的に得られて、かつ自分自身のビジネススキルがアップする”ことになるのです。

たとえばオークションやフリマアプリでの物品売買はそもそも「売る物」がないと始まりません。

株式売買は経済動向に詳しくなるというメリットはありますが、そもそも「初期費用」がないと始まりませんし、元本割れのリスクが存在します。

できるビジネスマンこそ、ただ副業をするだけでなく、本業にも役立てられるようなスキルアップを目指すべきです。磨いたスキルはあなた自身の財産になるのですから。

スキルをマネタイズする!おすすめの手法

代表的なマネタイズ手法としては2つです。

①ブログ収入(広告収入)

ユーザーがブログ上に貼った広告を経由して商品を買ったり広告をクリックしたりすることで、ブログ運営主に報酬が発生するもの。

ブログのジャンルは自分の趣味や好きなことなど、どの分野でも需要はあるが報酬が高いジャンルはすでに人気ブロガーが多く新規参入が難しい、ブログのPV数を上げるのに苦労するためある程度時間と根気が必要な手法。

代表的なアフィリエイトとしてクリック課金型のGoogleアドセンスや成果報酬型のafbやA8.net、商品購入型のAmazonや楽天アフィリエイトなどがある。

②クラウドソーシングを利用した収入

インターネット上で不特定多数の個人や企業を仲介するサービスで、個人の「SNS用の似顔絵を書いてほしい」といった依頼から企業の「新しい商品につけるネーミングアイディアの募集」「ラーメン店を回ってグルメ記事をまとめてほしい」といった依頼まで、様々な依頼が存在する。

クラウドソーシングサービスを展開するサイトもさまざまで、本格的なフリーランス向けのランサーズやクラウドワークス、ライティングに特化したshinobiライティングや主婦向けのシュフティなどがあり、専門的なスキルがなくても始められる。

①はブログ記事を書くというライティングのスキルやwebの知識などがある程度必要であり、稼ぐまでに時間を要しますが、⓶は依頼者の依頼内容に自分の特技やスキルで少しでもマッチすれば、稼ぐことは難しくありません。

もちろん、安定的な収入を得るためにはある程度の努力が必要ですが、初期費用なしで始められるので失うものはあなたの帰宅後の隙間時間のみ。

まずはさまざまなクラウドソーシングサイトに登録をし、世の中でどのようなスキルや仕事が求められているのか、自分の強みを活かせそうなものはないか?をチェックしてみましょう。

まとめ

今はインターネットという場でさまざまな仕事に出会えるチャンスがあります。

自分には専門的なスキルもないし特技も別にない、稼ぐのは無理だと思っていても、趣味や日課で続けているあなただけの知見がお金になるかもしれないですし、自分自身のポテンシャルに気づく良い機会になるかもしれません。

たしかに副業といえども、お金を稼ぐという行為は簡単なものではありません。

だからこそ、自分自身の眠っているスキルを磨いてビジネス経験値をあげられるような副業を始めてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
MONEY-ON(マネーオン)は、仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信しています。 https://money-on.jp/