子どもが生まれることがわかったら、新たな家族の誕生に期待を膨らませ、夫婦で楽しい未来を語り合うことも多くなるでしょう。 ただ、子どもが生まれることによって大きく生活が変わり、不安なことも出てくるはずです。 不景気な世の中なら、進学時の経済的な心配もあります。そこで、頼りになるものの一つ、学資保険について見ていきます。

出費が多くなる進学時に確実に受け取れる学資保険

学資保険は子どもの将来に必要となる教育費を確保しておくことができる保険です。もちろん保険を利用しなくても、将来に備えてコツコツ貯蓄をしておけばいいと考える人もいるでしょう。

ただ、人によってはコツコツ貯金するのが苦手だという方もいます。何か急な出費があればせっかく貯めた貯蓄に手を出してしまうこともあり得ます。

そのため、必要な時期に必要な教育費を受け取れる積立型の学資保険を利用するほうが安心だといえます。

保険会社によって詳細は異なりますが、高校進学時や大学進学時など特に教育費がかかる時期に分けながら確実に受け取ることができるプランもあります。

また、大学進学時を満期として保険を選ぶ場合、18歳満期のほかに17歳時を満期とする保険も提供されています。

推薦入試などで高校3年生の秋ごろにはすでに大学進学が決まり、入学金の支払いはもちろん、その前から受験費用などさまざまな出費を必要とするケースもあります。

そんなときは高校2年生のときに前もって満期時期を迎える17歳満期プランの方がいいこともあるでしょう。

万一のときの保障を充実させた保険も!

保険に対する考え方は人によってさまざまです。

とにかく効率的に教育費をまかなうことができる貯蓄重視型の保険がいいという人もいれば、万一の時の備えにも十分対応する保険の方がいいという人もいます。

余分な保障をカットする代わりに、払込金額以上の満期金が返ってくる貯蓄充実型の学資保険もあります。

この場合、低金利な時代には銀行の利息より高い利率を受け取れることができ、元本割れすることなく教育費を確保することが可能です。

一方で、現在は健康に何も不安がない状態でも、将来のことはだれにもわかりません。

そんなときには将来の不安、たとえば親に万一のことがあったときや、子どもが病気やケガをしたときもカバーしてくれる保険も選択肢としておすすめです。

学資保険の中には親が死亡した場合、その後の保険料の支払いが免除され、将来の学費保険も確実に受け取ることができるプランも用意されています。

また、子ども自身が病気やケガをしたときの入院・手術費などが補償されるタイプもあります。

ライフプランや生活の状況、経済的な事情は各家庭によってさまざまです。金銭的な価値観や何を重要だと考えるかも人によって違います。

それぞれの家族によって何が最も必要なのかを考えながら、適した学資保険を選ぶようにしましょう。

The following two tabs change content below.
MONEY-ON(マネーオン)は、仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信しています。 https://money-on.jp/