投資は自己責任。だからこそ、大きなリスクは負いたくありませんよね?しかし、投資をしなければ、自分の資産を増やしていくことはできません。銀行に預けていても、金利はあってないようなものです。貯金だけでは資産を増やしていくのは難しいといえるでしょう。利益は少しずつでもいいから、リスクが低い投資をしたい。そのように考えている人もいるはずです。そこで、今回は低リスクとされている投資商品について紹介していきたいと思います。

国債

現状、最もリスクが低いとされているものが国債です。国債とは国が発行する債券となっています。

債権とは、国や地方自治体、会社などが投資家からお金を借りた際に発行されるもののこと。つまり、国債とは国が借金したことを証明するものということができます。

分かりやすく説明すると、投資対象としての国債とは、国にお金を貸すという行為といえるのです。最もリスクが低いとされる理由がここにあります。

国債に投資したお金が返ってこないということは、国家の破綻を意味します。

現状、日本は多くの借金を抱えていますが、破綻するという未来は考えにくいでしょう。つまり、日本国債の場合は日本が破綻しない限り却ってくるとされているのです。

国にお金を貸すということは、大きな信用がある相手にお金を貸す行為に似ています。

当然、お金を貸すのですから利息を受け取ることができます。この受け取れる利息こそが、国債に投資した時に得られるリターンとなっています。

国債には、満期というものが設定されています。分かりやすくいうと、返済期日のこと。国債を満期まで持っていれば、国債に投資したお金が全額返金される仕組みになっているのです。

通常であれば、満期までの間、毎年2回の利息を受け取ることができます。

地方債

先程紹介した国債は、国が発行する債券のことでした。ここで紹介する地方債というのは、国ではなく都道府県や政令都市といった、地方自治体が発行する債券のことです。

国債に比べれば、多少リスクはあるかもしれませんが、それでもリスクは限りなく低い投資対象といえるでしょう。

しかし、その分国債よりも受け取れる利率が高いのが魅力となっています。

一昔前までは、地方債の多くは償却期間が10年で一口10万円からというものが多かったのですが、最近では地方債の種類が増えてきて一口1万円から購入できる地方債も出てきたのも大きな魅力です。

国に比べれば、財政破綻する可能性は高くなるかもしれませんが、それでも考えにくい部分があります。

使う予定がなく、銀行の口座に預けておくだけのお金があるのであれば、少しでも利率が高い地方債に投資してみるのも一つの選択肢です。

金投資

リスクが低い投資商品。最後に紹介するのは「金投資」です。

どんな時でも、その価値を失うことがないといわれているのが「金」です。実際、100年に1度の金融危機といわれたリーマンショック時には、世界中の市場がダメージを受けていたのにも関わらず、金の価値は上昇していきました。

また、インフレが起こった際にも金の価値は変わることはありません。

インフレ時にはモノの価値が上がり、貨幣の価値が下がります。極端な話をすれば、それまで100円で買えていたものが、150円になったりします。結果、現金しか保有していなければ、大きく資産が減ったことになるのです。

金には、これを防ぐ役割もあるのです。インフレ時にも、金の価値が下がることはないとされています。インフレにも強いという特徴があるのです。

一方、金投資にはデメリットも存在します。それが、他の投資のように配当や利息がないという部分です。

価値が下がりにくい代わりに、配当や利子といった利益がないのが特徴です。そのため、金投資は守りの投資ということができます。しかし、金投資は守りだけではありません。

では、どのようにして利益を手に入れるのでしょう?金は、有事の際に値を上げる傾向が高くなっています。

利益の手に入れ方の一つに、この時に売却して利益を手に入れるという方法が存在するのです。

有事の際には、株式市場や不動産市場から資金が逃げることが予想されます。そうなれば、大きく値を下げることが考えられます。

実際、リーマンショック時には、大手企業や不動産価格は驚くほど下がりました。

この時に、値段が上がった金を売却して、下がった株式や不動産購入に動くのです。守りから攻めへと転換することで、より多くの利益を手に入れられる可能性が高くなるのです。

金投資には、このような側面もあります。

まとめ

投資にリスクは付きものですが、投資対象によってリスクをコントロールすることができます。リスクを極力少なくしたい場合には、それに合った投資対象が存在します。

先行きが不安定な時代だからこそ、給料以外の収入が大事になります。しかし、大きなリスクを背負うのは危険です。

だからこそ、少しでもリスクを抑えて利益を積み重ねていくことが大切になってくるのです。

例え、利益が少なくても積み重ねていくことで大きな差になります。低リスクな投資という選択肢も視野に入れて、資産運用を考えてみてください。

ライタープロフィール

MONEY-ON編集部
MONEY-ON編集部
MONEY-ON(マネーオン)は、仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信。