語彙力アップ!「お金」の古風な言い方を学ぼう

世間では「語彙力」のアップを売りにした本が人気なのだそう。そこでこのコラムでは「お金」の「古風な言い方」を学んでみることにしましょう。

お金の言い換えといえば、一般的には「貨幣」や「金銭」あたりを思い出すところですが、これを古風に言い換えるとどうなるのでしょうか?

初めて株式投資をする人の銘柄選びの方法とは?

株式投資を始めるために、証券口座を開設した。いよいよ株を購入しようという段階にきて悩む人がいます。その悩みが、どの銘柄を買えばいいのだろうかというもの。

上場している企業の数はとてつもなく多く、その中から何を基準に選べばいいのか?特に投資を始めたばかりの人にとっては難しい問題です。

そこで、今回は初めて投資をする人のための銘柄選びの方法を紹介したいと思います。

相場の流れを掴むFXのチャートの見方 ~トレンドライン編~

FXのチャートの見方には様々なテクニックがありますが、まずは相場が上昇局面にあるのか下降局面にあるのかといった全体的な流れを読めるようになりましょう。

こうした流れのことを「トレンド」といいます。今回はいちばん簡単なテクニカル分析でありながら、とても大切なトレンドラインについてお伝えいたします。

不動産を買う前に知っておくべき瑕疵担保責任とは?

住まいを購入した後に、物件の欠陥をめぐるトラブルが発生することがあります。
このようなトラブルにしっかりと対応するためには、売買契約の内容をよく理解し、関連する法制度、保険、アフターサービスなどを知っておくことが重要です。

不動産テックが普及することで起こる変化とは?

ITとの融合は、多くのイノベーションを生みました。その代表的な例として、機械や家電にセンサーなどを組み込んでビックデータを収集するIoTや、オンライン決済・送金で利便性の高いサービスを展開するFinTechがあげられます。これまでIT化が遅れていた不動産業界にも、ついに変革の波が押し寄せています。それが「不動産テック」です。そこで今回は、不動産テックの可能性について解説します。

ボンヤリした「CSR(企業の社会的責任)」概念をスッキリ理解する方法

あなたがお勤めの会社には、CSR推進部とかCSR委員会などの部署はあるでしょうか?

このような部署名に登場する「CSR」(corporate social responsibility)という概念。訳語が「企業の社会的責任」であることをご存知の方も多いことでしょう。

またその意味について、おおまかには「環境や人権などの問題に企業として配慮すること」だと理解している人も多いと思います。

その一方で、CSRについて「概念が漠然としている」「意味を掴みづらい」と感じている人も多いのではないでしょうか。そこでこのコラムでは、ボンヤリしたCSR概念をスッキリ理解するための「3つの切り口」を紹介してみましょう。

中古物件を選ぶ際に知っておきたい年代別の法改正

一口に中古物件と言っても築浅~築古まで様々なものがあります。不動産の歴史やその物件が建てられた時代背景、物件の構造やコンセプト、法改正などを知っておくことで失敗するリスクを減らすことができます。

倍率はあなたの目的で変わる!FXのレバレッジのかけ方

FXをはじめようと思ったキッカケを尋ねると「あまりお金をかけずにできると聞いたから」と仰る人がいます。

FXが少額からでも始められるのは「レバレッジ」と呼ばれる仕組みがあるからです。しかし、FX初心者だと「結局、何倍までレバレッジをかけていいの?」といった疑問もあるでしょう。

今回はFX未経験者でもわかるレバレッジの仕組みから目的に応じた倍率までお伝えいたします。

5兆円まで広がっている電子マネー市場の可能性

2000年代から普及し始めたSuicaやPASMO、WAONなどの電子マネーは、年々拡大の一途をたどっています。現状のペースでいけば5兆円市場突入が確実なことからもわかる通り、交通系を筆頭に決済の手段としても確実に定着し始めています。導入当初に比べれば使い勝手も格段に向上しており、今後より利便性が高まることが期待されている電子マネーですが、成長市場においてどんな可能性を秘めているのでしょうか。電子マネーの現状と今後について考察してみました。