世間では「語彙力」のアップを売りにした本が人気なのだそう。そこでこのコラムでは「お金」の「古風な言い方」を学んでみることにしましょう。

お金の言い換えといえば、一般的には「貨幣」や「金銭」あたりを思い出すところですが、これを古風に言い換えるとどうなるのでしょうか?

「金」や「銀」から連想された言葉たち

お金を表す古い語彙の中には「金」や「銀」から連想された言葉がいくつか存在します。

このうち有名な表現は「金子」(きんす)ではないでしょうか。本来は「金貨」を意味する言葉ですが、転じて、お金一般を意味する言葉としても使われます。

例えば「金子を持参する」「金子を受け取る」などの言い方がありますね。これと似た表現に「銀子」(ぎんす)もあります。こちらも本来は「銀貨」を意味する言葉ですが、転じて、お金一般を意味します。

明治時代には「金円」(きんえん)という言葉も使われていたようです。福沢諭吉の「学問の独立」(1883年)には「いたずらに金円を浪費乱用するというには非(あら)ざれども」という表現も登場しました。

また「金員」(きんいん)もお金を意味する言葉。やはり明治時代に使われていた言葉でした。

変わったところでは「黄白」(こうはく)という言葉もお金を意味します。黄が金、白が銀を意味するため、黄白で金銀の意味になり、転じてお金一般を表すのだそうです。

こちらは少なくとも江戸時代には登場していた表現でした。

貨幣の「丸い形」から連想された言葉たち

いっぽう、身近なお金である貨幣の形、とりわけ「丸い貨幣」からの連想で登場した言葉もいくつかあります。

代表的なのは、江戸時代に使われていた「丸」(まる)や「丸物」(まるもの)でしょう。歌舞伎の演目「隅田川続俤((すみだがわごにちのおもかげ)」にも「イヤモウ〇(まる)になることならなんなりと相談に来ることさ」という表現が登場します。

面白い連想から成り立っているのが「鳥目」(ちょうもく)。文字的には「鳥の眼」を表す言葉です。

これがどうしてお金を意味するのかというと「昔の硬貨の見た目」が、鳥の目に似ていたためなのです。

つまり「丸い貨幣の中央に穴があいた形」が、鳥の目に似ていたということなのです。このような表現は室町時代のころには登場していました。

実はこの「鳥目」という言葉は、中国からやってきた「鵝眼」(ががん)または「鵝眼銭」(ががんせん)という言葉からの着想で誕生したと言われています。

鵝眼は「ガチョウの目」のことです。日本国語大辞典はこの言葉について「円形の中に四角の穴のあいている銭の形状が、鵝鳥(がちょう)の目がまるくて、その瞳の四角なさまに、似ているところから」と説明していました。

筆者は実際のガチョウの瞳が四角いかどうかを知りませんが、とにかく、そのような連想で「鵝眼」「鳥目」は金銭を表すようになったわけですね。

遠回しな言い方から登場した言葉たち

最後に、遠回しな言い方――つまり婉曲――により登場した言葉を紹介しておきましょう。

まず紹介したいのは「阿堵物」(あとぶつ)や「あとの物」といった表現です。少なくとも室町時代には登場していた表現でした。直接的な意味は「このもの」「こんなもの」。

もともとは中国の六朝時代(222年~589年)に登場した言葉だといいます。

西晋(せいしん)の武将・王衍(おうえん)が金銭を直接的に表現するのを嫌い、「このもの」「こんなもの」と表現したのがそもそもの始まりでした。

もう少しわかりやすい婉曲表現には「要脚・用脚」(ようきゃく)というものもあります。

これも、少なくとも室町時代には登場していた表現。直接的な意味は「世間をまわり歩くもの」で、転じて「金銭」を意味しています。

ちなみに現代でもよく使われる「御足」(おあし)という表現――実はこれも室町時代には登場した表現です――も「お金は足が生えているように行ったり来たりする」「お金は天下のまわりものである」というイメージを持っています。

昔も今も、お金のイメージにそんなに大きな違いが感じられないところが面白いですネ。

あわせて読みたい

お金に関する言葉「ゲルピン」の意味を知ってますか?
商人(しょうにん)と商人(あきんど)。その語源を探る。
フリーマーケットのフリーは、自由の”free”ではない
「平成」の経済キーワードを、駆け足で振り返る
お金にまつわるこぼれ話。一文無しに二束三文。現代に生きる通貨単位、文(もん)。

ライタープロフィール

もり・ひろし
もり・ひろし
新語ウォッチャー。1968年生まれ。電気通信大学卒。CSK総合研究所(現CRI・ミドルウェア)を経て、新語・流行語専門のフリーライターに。辞書・雑誌・ウェブサイトなどでの執筆活動を行う。代表的連載に日経ビジネスオンライン(日経BP社)の「社会を映し出すコトバたち」、現代用語の基礎知識(自由国民社)の「流行観測」欄など。