小説や単行本、雑誌やマンガなど種類を問わず書籍を読み終わった後、皆さんどうしていますか?小さい頃に読んでいた絵本などは本棚に眠ったままですか?今回は、読み終わった書籍の処理方法や、読書をする際のおすすめスポットをご紹介します。

読み終わった本たち

 読み終えた書籍が本棚に溜まるばかりでどうしようもない…なんてことが起こっていませんか?何度も同じ本を読み返したり、特にお気に入りの本であったりすれば話は別ですが、もう読まないものが溜まっていくのは流石に片付けも追いつきませんよね。そんな時にオススメの方法はこちらです。

売る

読み終わった書籍、もう読まない書籍は売ってしまうのが一つの手です。

まず、中古本の買い取りをしているお店があることは有名ですよね。売りたい書籍を店頭に持っていく他に、出張買取サービスなどもあるようです。

BOOK•OFF出張買取サービス

 

またネットオークションやフリマアプリでも中古本を売ることが可能です。こちらは書籍自体の価値によっても値段が変動するので、店舗に持っていくよりも高額で売ることができるかもしれません。しかしこちらは手数料や発送の手間がかかりますので、そこは忘れてはいけません。

いずれにしても査定によっては、必ずすべての書籍が売れるというわけではありませんが、少しでも収入があればまた新しい書籍を買うなどできるため、とても便利ですね。

譲る

売る以外には、譲るという方法もあります。図書館や児童館など寄贈を受け付けている施設に引き取ってもらえる可能性があります。

お金の関わるやり取りではないので収入は得られませんが、無駄にしないという点ではこれもまた良い方法かと思います。親戚など身近な人に譲ることもできますね。

再利用する

雑誌などは再利用することもできそうですね。お洒落な写真や好きなモデルさんのワンショットを切り取って、部屋や手帳、アルバムやメッセージカードの装飾に使うというのはいかがでしょう?

シールやオーナメントを新しく買うのではなく、使わなくなった雑誌を使うことで節約にもなるし、自分だけの装飾にすることができます。

また、表紙がお洒落なものであれば、そのままお部屋のインテリアとしても使えますね。捨ててしまう前に、何か使い道はないかどうか検討してみては? 

無料で読める?読書にお勧めのスポット

溜まるばかりの書籍は、いっそのこと買わないという手もあります。小説やマンガであれば一冊500円程度、単行本であれば1,000円~1,500円とかかってしまうので、それらが節約できることはお財布にやさしいですよね。

図書館

王道中の王道である図書館。書店よりもはるかに多くの書籍が置いてあり、これらが無料で読み放題です。本の虫には堪らないスポットですよね。また館内はとても静かなので、誰にも邪魔されず読書に集中することができます。

普段あまり図書館に行かない方も、足を運んでみて、いつも読まないジャンルの書籍に挑戦してみるのも、たまにはいいかもしれませんよ。

また、大学や各公共施設との連携を図り、借りた場所を問わず最寄りの施設から本を返却することができるという便利なシステムもあります。ぜひ近所の出張図書館にも出かけてみてください。

カフェ

カフェで読書…大人の休日の楽しみ方という感じがしますね。すでに持っている本を持っていくのもあり、図書館で借りた本を持っていくのもありです。プロの淹れる美味しいコーヒーを飲みながら読書タイムを楽しんでみては?

また最近では、読書好きが読書好きのために開設したようなカフェが話題です。

私語厳禁! 静寂の時間を楽しむ喫茶室「アール座読書館」
場所:東京都杉並区高円寺

引用:Twitter

 

気がすむまで本が読めるカフェ「fuzkue」

場所:東京都渋谷区初台

「#現在の本棚 先日本棚をいくらか整理というかしていたらあかるいたのしいコーナーができたので喜ばしかったですの様子です。あかるいたのしい他者の苦痛へのまなざし。」と昨日、ツイートして、あ、インし忘れてたなインと思って、いまインしにいきますというところでいまインしようとしてるんですが、タイミングずれると「しかしこれをインする意義とは?」とか余計なこと考え始めてしまうわけですが、特にこういった、これそもそもなんのためにツイートつまりツイしたんだっけ、飲食物ならまだしも、なんの意義があるツイなんだっけイン、しかしそもそも意義なんて必要なんだっけインであるとかツイ、ツイ&イン、いかなる意義および意味、意味&意義、ってそれはもちろんなにかしらあるとおもうんですが、直接間接売り上げにかかわるなにか、あると思うんですが、しかしその、この、

fuzkueさん(@fuzkue)がシェアした投稿 –

出典:Instagram

 

コーヒーとお酒を飲みながらゆったりできる「Flying Books」

場所:東京都渋谷区道玄坂

出典:Instagram

というのも、店内には本が溢れており、その中から好きな本を選んで読むことができるのです。休日じゃなくても、仕事終わりや休憩時間に手ぶらで立ち寄っても大丈夫なんて、素敵な場所だと思いませんか?

ページをめくるだけでいろんな世界に連れて行ってくれる書籍たちを、無駄にしないことが自然とお金の節約にも繋がってくると思います。今回ご紹介した方法をぜひ試してみてください。

The following two tabs change content below.
MONEY-ON(マネーオン)は、仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信しています。 https://money-on.jp/