投資

人生100年時代。現役時代から堅実に「老後資金2000万円」を準備する方法とは?

医療の発達により、まもなく“人生100年時代”が到来すると言われている。しかし、元気に働ける期間は有限だ。そこで注目されているのが、将来に向けた資産形成のための投資用不動産だ。

そんな投資用不動産のメリットについて、実際の所有者はどのように感じているのか。物件の開発・販売・管理と不動産におけるトータルサポートを強みとしている株式会社アセットリードの物件を所有するオーナー3人と、それぞれの担当営業を交え、ざっくばらんに語ってもらった。

リスクゼロの投資?株主優待をリスクなしで手に入れる方法とは!

投資にリスクはつきものです。基本的に、リスクがない投資というものは存在しません。

しかし、ゼロというわけではないのです。

実は、ある手法を使うことによって株主優待をリスクゼロで手に入れる方法が存在するのです。

今回は、株主優待をリスクゼロで手に入れる方法について紹介していきたいと思います。

運用するお金がなくても出来る投資があるって知ってる?

将来のために投資をする。いまよりも豊かな暮らしのために、新しい収入口を作る。

投資をする理由は人それぞれですが、投資で成功するためには資金が必要という点は変わりません。

そして、投資の世界においては、資金は多ければ多いほど武器になります。

そのため、投資を始めたいけれど、まだ資金が貯まっていないからという理由で投資を始めていない人もいるかもしれません。

でも、資金が貯まるまで待っているだけでは、時間がもったいないと思いませんか?

そこで、今回は資金を貯めながらできる投資について紹介していきたいと思います。

人生設計の立て方!一昔前とは事情が違う「人生の三大資金」を知ろう!

最近では結婚しない人生を選ぶ男性も増えましたが、やはりまだまだ結婚する方が多数派といえます。

そして、結婚することが悪い訳ではないものの、中には親世代のマネをしたり、自身の生まれ育った環境を再現したりしている方も沢山見受けられ、少々怖いところです。

今回は、一昔前とは事情が変わってしまった人生の三大資金と対策をお伝えします。

不動産投資の武器は資金!サラリーマンはどの程度借りられるのか?

投資に必要不可欠なもの。それが資金です。そして、それは当然不動産投資でも同じ。しかし、不動産は高額なものです。

ほとんどのケースで銀行からの融資が必要になってくるでしょう。この点がネックとなり不動産投資に踏み出せない人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は不動産投資を考えているサラリーマンがどの程度の融資を受けられるのか?という点について紹介していきたいと思います。

投資用語のひとつ「ボラティリティー」と「発泡酒のCM」の意外な関係とは?

投資分野で頻出する用語のひとつにボラティリティー(volatility)があります。これは大まかには「相場における価格変動の度合い」のこと。

その度合いが大きい状況のことを「ボラティリティーが大きい」、その逆の状況を「ボラティリティーが小さい」などと表現できるわけです。

このボラティリティーという言葉の語源をたどっていくと、実はある「発泡酒のCM」の話に行き着きます。

「リスク=危険」「長期保有=安全」ではない!投資初心者が陥りがちな思い込み

今までお金の勉強をする機会がなかった人が、投資の勉強を始めると、たくさんの専門用語や言い回しなどに遭遇します。

今までに聞いたこともないような難しい用語であれば、真剣にその言葉の意味を調べて正しく理解しようと努めるのですが、今まで何度か耳にしている用語だと「なんとなくこんな意味だろう」と、正しく理解できていないままスルーしてしまうことがあります。

そこで今回は投資の勉強をし始めたばかりの人が勘違いしたままスルーしそうな「リスク」について解説いたします。

投資初心者はまずはこれから!低リスクで投資が出来る3つの投資商品

投資は自己責任。だからこそ、大きなリスクは負いたくないという人も多いでしょう。
しかし、投資をしなければ、自分の資産を増やしていくことはできません。銀行に預けていても、金利はあってないようなものです。

貯金だけでは資産を増やしていくのは難しいといえるでしょう。利益は少しずつでもいいから、リスクが低い投資をしたい。そのように考えている人もいるはずです。そこで今回は、初心者でも始めやすい、比較的低リスクとされている投資商品について紹介していきたいと思います。