政府が働きかた改革として、副業を推進しています。会社からの給料以外に収入がある。

確かに、それはとても魅力的です。生活に余裕をもたらすかもしれませんし、自分のキャリアの上でも大きな意味を持つことかもしれません。

そんな副業の1つとして不動産投資に興味を持たれている人もいるでしょう。

そこで、今回は始める前に知っておきたい不動産投資の失敗例について紹介したいと思います。

不動産投資の魅力とは?

不動産投資の魅力といえば、なんといっても毎月の安定的な収入でしょう。

入居者がいるかぎり、毎月決まった金額を手にすることができます。他の副業では、なかなかない状況です。また、時間と労力という点においても、他の副業よりは少ないといったイメージもあるようです。

確かに、管理を不動産屋に任せていれば、それも可能です。自分は何もしなくても、毎月決まった額の収入を手に入れられる。この点だけを見れば、とても魅力的な選択肢に思われるでしょう。

しかし、魅力の裏には注意しなければいけない点が隠されています。

不動産投資の落とし穴とは?

不動産を手に入れるためには、物件にもよりますが、ある程度のまとまったお金が必要になってきます。当然、融資を受ける人が多くなります。

そして、融資を受ければ当然必要となってくるのが利息です。物件を購入してからすぐに入居者が決まればいいのですが、もし決まらなければその間は、利息と同時に返済額も支払っていかなければいけません。

では、いつ入居者が決まるのでしょう?それは、誰にも分かりません。不動産投資において、最も大きなリスク。それが、この空室リスクなのです。

どれほど、魅力的に見える物件でも入居者がすぐに決まる補償はありません。魅力的に思える物件でも、選ぶのはあなたではないからです。

よくありがちな失敗として、立地も条件も申し分ないからといって、慌てて物件を購入してしまうパターンです。

不動産投資というのは、成果を出すのにある程度の時間が必要になってきます。それを忘れて、他人に買われてはいけないと思い、簡単に物件を決めてしまい失敗してしまうというケースが多く存在します。

物件選び時の失敗パターン

不動産投資において、最も大切だと考えられるのが物件選びです。しかし、この物件選びを誤ってしまう人は少なくありません。では、どのような理由で失敗してしまうのでしょうか?

比較的多い理由が、借り手の想定ができていないというパターンです。学生といえば、それほどお金を持っているわけではありません。

それなのに、近隣に大学が多いからという理由で少し立派なマンションを購入してしまう人がいます。

しかし、学生がこのようなマンションを本当に借りるでしょうか?学生が持っているお金は限られています。そのため、家賃に全てを注ぎ込むことは考えられません。

むしろ、遊びのためにお金を使いたいと考える場合が多いので、少しばかり通学に不便を感じる場所であっても、家賃は低めの物件を選ぶ傾向が多くなります。

仮に、裕福な家庭の子どもであっても、そういった人たちには他の選択肢もあるわけです。自分が購入した物件のライバル物件は、更にレベルが高い物件である可能性が高くなってしまいます。

これでは、いくら立地がよくても空室リスクは高まるばかりでしょう。借り手を想定できていなかったと言われても仕方ありません。

物件選びの際には、何よりも借り手をイメージすることが大切になってきます。

目先の利回りに惑わされて失敗した例

物件には利回りというものが設定されています。当然、利回りが高ければ高いほどいい物件といえます。

しかし、この利回りは現在の利回りであることを考慮しなければいけません。どういうことかというと、状況に応じて利回りは変化するということです。

購入した当時には、近隣に空き物件が少なく、家賃を高めに設定していても入居者が決まりました。しかし、物件購入後、数年経過してから近隣に新しいアパートがいくつかできました。

そうすると、需要と供給のバランスに変化が生まれるので、家賃を下げる必要がでてきます。

家賃を下げて入居者が決まればいいのですが、中には家賃を引き下げても入居者が決まらずに、さらなる値下げ。それでも決まらないといった人もいるようです。

これを防ぐためには、目先の利回りだけでなく、今後の状況の変化にも対応していけるだけの策が必要になってきます。

まとめ

不動産投資と聞くと、楽そうというイメージが先行してしまうようですが、必要になるお金が大きな分、慎重に物件を選ばなくてはいけません。

上記で紹介した2つの失敗例は、知っておくことで回避することが可能なことです。もし、副業として不動産投資を選ぶのであれば、しっかりとした準備が必要になってきます。

準備とは、どのようなリスクがあるのかを知り、そのリスクを回避していくための知識をつけることです。いい物件を手に入れることができれば、成功ともいわれる不動産投資。だからこそ、最初の準備だけは万全にしておきましょう。

 

20代で不動産投資をお考えの方におすすめ!

20代で億を稼ぐ! 〜自己資金ゼロの私が、1年半で年収2億を達成した不動産投資戦略〜

出典:amazon.co.jp

あわせて読みたい

不動産投資はマンションを一棟丸ごと買うよりも区分所有がオススメ
老後資金対策に!50代でもできるワンルームマンション投資
家賃滞納リスクを回避するワンルームマンション投資術
不動産投資をはじめるなら新築?それとも中古?それぞれのメリットとデメリット
サラリーマンの信用力に注目!不動産投資がサラリーマンにおすすめな理由

ライタープロフィール

MONEY-ON編集部
MONEY-ON編集部
MONEY-ON(マネーオン)は、仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信。