近頃では晩婚化の流れがあり、必ずしも望むことではありませんが、それでも結婚したら最初に考えておきたいのが「欲しい子どもの数」になります。

教育費は年々上がる性質がありますが、その一方で最近は年収が上がりにくい時代なので、そのあたりをしっかり考えておかないと、教育費で家計破たんを起こしかねません。

そこで今回は、子どもの数や教育費を取り巻く環境についてお伝えします。

教育費総額は約1500万円必要になる

まずは、教育費の金額についてお伝えします。まず基本的な教育費は、仮に子どもが幼稚園~中学を公立、高校を私立、大学を私立文系という、最も一般的なコースで進んだと仮定すれば、総額は約1300万円です。

ちなみに、うち約600万円が大学費用で必要になります。

また、最近では共働きなので、子どもを1歳から保育園に預けることも多く、さらに留年・留学や下宿などの可能性も考えれば、おおよそ教育費は1500万円程度に上るでしょう。

もちろん、これはあくまで教育費なので、小遣いや食費・被服費なども考えれば、もう少し……。

なお、最近の教育費というのは、高校までの学費は減少傾向にあるものの、逆に大学費用は上昇傾向になっています。

そして、どのように変化しようとも、教育費準備は基本的に不足や遅延が許されないお金ですから、ある程度の余裕をもって考えておくことが大切です。

欲しい子どもの数×6万円が一つの目安

次は教育費の準備についてお伝えします。先ほど、教育費の総額は約1500万円とお伝えしました。

そして子どもが大学を卒業するのは22歳が基本ですから、22年で割れば年で約70万円、月で割れば約6万円です。このため、欲しい子どもの数×月6万円が一つの目安です。

つまり出産前の現時点で、夫婦で月6万円の貯金ができているなら一人、12万円の貯金ができているなら2人まで、子どもを産んでもひとまず大丈夫といえます。

逆に6万円も貯金できていないなら、まずは家計を改めて、6万円を捻出できる準備をしましょう。

なお、仮に本当に6万円しか貯金ができていない場合は、その6万円は教育費で最終的に全てなくなる訳ですから、いつまでも資産形成ができない事になります。

それだけに実際には、上記の金額を上回る貯金を、最初から計算して積み上げる家計管理が大切です。

奨学金の原因で自己破産

ところで、夫婦の中には先ほどのような計算をせずに、欲しいだけ二人、三人と子どもを出産してしまう方がおられます。

一昔前なら年収が上がりやすい時代でしたから良いのですが、現代は本当に年収が上がりにくい時代のため、出産前から22年後を考えることが大切です。

もし先ほどのような考えをせずに、強引に出産をしてしまえば、子どもは一度出産すれば基本的にお返しはできませんから、そのしわ寄せは子どもが負うことになります。

子どもが高卒で社会に出る、または高額な奨学金を背負って社会に出る……子どもの未来は大丈夫でしょうか。

最近では奨学金を受ける学生、ひいては学費を準備できなかった親は年々増加しており、その数は2.6人に1人にまで上昇しています。

同時に、奨学金を受けた学生の中には支払えずに自己破産し、連帯保証人の親まで連鎖破産することもありますから、注意が必要です。

子どもゼロなら代わりに介護費対策を

また、教育費のことを考え出すと、世帯年収が低い夫婦の中には、あえて子どもを作らないでおこうと、安易に結論を出して安心してしまう夫婦がいます。

お気持ちは分からなくもありませんが、その場合は面倒を見てくれる人がいない訳ですから、別途介護対策が必要です。

もし、この対策を忘れてしまった場合には、待ち受けているのは「老老介護」となる未来になります。特に最近は、年々平均寿命も延びていますから、その分の経済的な対策の強化も重要です。

そもそも、老後生活への対策も重いものですから、気を付けましょう。

結婚直後に考えたくないイヤな現実かと思いますが、だからといって何も考えずに行動してしまうと、余計に未来が苦しくなります。

せっかく結婚を果たしたわけですから、どうせなら幸せな生活を生涯続けるためにも、このタイミングでしっかり未来を考えましょう。

計画的な家族計画で幸せな家庭を

リアルな夫婦の中には、まさしく何も考えずに複数の子どもを産んだり、あるいは逆に安易に子どもナシで人生を歩んだりした結果、悲惨な未来を迎えてしまった方も沢山おられます。

そして、当然に誰もがそんな未来など迎えたくない訳ですが、けっして現実からは逃げられません。

だからこそ、夫婦の中には、「そもそも結婚相手を間違えた」などと考える方もいますが、結婚したら早期にお金のことを夫婦で話し合い、生涯幸せになる計画を立てましょう。

ライタープロフィール

山本昌義 (やまもとまさよし)
山本昌義 (やまもとまさよし)
山本FPオフィス代表(山本昌義)CFP®
主に比較的若い方の恋愛面・経済面のご相談を承っています。また独立FPとして10年を経過したのを機に、後輩FPの育成にも力を入れています。詳しくは以下のリンクから当オフィスサイトをご確認くださいませ。
山本FPオフィス:http://yamamotofpoffice.com/