パソコンの画面や書類を見続けていると、知らないうちに目に疲れが蓄積していきます。放っておくと視力の低下などを招くので、酷使した目は意識的に回復させることが大切です。そこで今回は、デスクワークによる目の疲れを回復させる方法を4つ紹介します。

目を閉じて休ませる方法

目の疲れを回復させる1つ目の方法は、目を閉じることです。目を開いている間は視覚情報を取得しつづけるので、眼球運動や調節機能といった目の働きが途切れません。

そのため、目の細胞や組織は休めず、たとえデスクワークをしていなくても疲労が溜まっていく可能性があります。それを避けるには目を閉じて、視覚情報をシャットアウトするのが一番です。

目の働きを止められますし、表面が乾燥することを防げるメリットもあります。非常にシンプルですが、回復のためには休ませることが基本であることを覚えておきましょう。

まばたきを増やす方法

2つ目の方法は、デスクワークの間にも行えます。目が疲れていると感じたら、まばたきの回数を増やしましょう。パ

ソコンの画面や書類に集中していると、まばたきの回数が減ってしまい、目は乾燥してしまいます。さらに周辺の筋肉の動きが減って血行も悪くなり、目が疲れてしまうのです。

まばたきを増やせば涙が目を覆いやすくなりますし、筋肉が刺激されて血行も良くなるので、疲労の回復を期待できます。

ドライアイの防止にもなるので、疲れを感じていないときでも、まばたきを意識的に多くするのがおすすめです。

蒸しタオルで温める方法、全身を動かす方法

3つ目は、蒸しタオルで目を温める方法です。水に濡らしたフェイスタオルを電子レンジで温め、火傷をしない温度まで冷ましてからまぶたの上に乗せましょう。

周辺の血管が広がって血流が改善し、筋肉の凝りもほぐれるので疲れ目に効果的です。4つ目は、全身を動かす方法です。

ストレッチをして体を動かすと、全身の血液循環が活性化するので、回復に役立つ栄養が目に届きやすくなります。

休憩時間に散歩をして下半身を多く動かすのもおすすめです。目の疲れに悩んでいる人は、今回紹介した4つの方法をぜひ試してみてください。

ライタープロフィール

MONEY-ON 編集部
MONEY-ON 編集部
MONEY-ON(マネーオン)は、仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信しています。
https://money-on.jp/