一時期、レコーディング・ダイエットというものが流行しました。効果はもちろんのこと、ただ食べたものを記録していくだけといった手軽さもあって、多くの人が試していたようです。

「レコーディング(記録)」していく行為は、私たちにさまざまな効果を与えてくれます。

記録していくことによって、思い出すこともできますし、記録しながら反省したり考えたりすることもできるのです。

実は、このレコーディング・ダイエットは出費のダイエットにも利用することができます。

今回は、出費を減らして貯蓄を増やしたい人の強い味方になる、記録出費ダイエットについて紹介していきたいと思います。

使途不明金の存在

貯金が苦手な人の中には、毎月の出費金額をきちんと把握できていない人がいます。つまり、使途不明金があるということ。

その金額は人によって、それぞれですが少ない人で5千円。なかには3万円といった人もいるようです。

しかし、この状態が続いていけば貯金を殖やしていくということは難しくなるでしょう。なぜなら、何に出費したのか分からないということは、どの出費を削れるのかということが分からないからです。

貯金を殖やしていきたいと考えるのであれば、まずはこの使途不明金をなくしていくことから始めなければいけません。

だからといって、事細かく記録していくのは面倒くさい。そのように感じる人もいるでしょう。

そこで、一つの方法となるのが、大雑把でいいので予め予算を組むという方法。

毎月の収入額から、家賃や水道光熱費、携帯料金や交際費。そしてお小遣いといったように、ざっくりと分けるのです。

貯金が苦手な人の中には、財布の中にお金が無くなればATMで出金するという人が多くなっています。

しかし、これでは無くなればATMに行けばいいという考えになってしまい、お金をおろすまでのハードルが低くなってしまいます。そうならないために、予算を組むのです。

予算の組み方

その時に大切になってくるのが、最初からきっちりと組み過ぎないということ。今までできなかったことにトライするのです。

いきなり成功する確率は低いと認識しておきましょう。

大切なのは、継続していき改善していくこと。無理をし過ぎて、途中で辞めてしまうのが一番もったいないことです。だから、ある程度の余裕は持つようにしてください。

そして、予算を組んだら、必ずそれを記録しておくようにしましょう。その記録が後々役に立ってくるからです。

では、予算を組んで実際に生活をしていきます。そうすると、どうしても計画通りにいかない部分がでてきます。

例えば、お小遣いを3万円と設定していたのにも関わらず、久しぶりの飲み会が重なり、予算をオーバーしてしまった。

こんな時は、無理をして我慢をするのではなく、ATMで出金しましょう。

ただし、出金した日にちと金額は記録しておくようにしてください。できれば、その理由も一言添えておくと見直しの際に役立ちます。

この記録によって、予算をオーバーした理由や日付が分かるようになりました。最初は、あまり深く考えずに、ただ記録することだけを習慣づけてください。

3カ月ほど経過すれば、立派なデータになります。

見直しながら改善方法を考える

データがある程度たまってくれば、それを見直しながら改善点を探っていくことができるようになります。

この時のポイントは、予算をオーバーした項目に何があるのか?という点です。

例えば、資格取得のために勉強しようと思って、本を多く買った。そのような一時的な理由であれば、無視して大丈夫です。

しかし、資格取得につながっていないのであれば再考の余地があります。

また、お小遣いの予算が毎月オーバーしているのであれば、まずはいくらオーバーしているのかという金額を把握するようにしましょう。

その金額が、記録しだしてから少しずつでも減っているようであれば、そのまま継続していくようにしてください。まずは、オーバーしている金額を減らしていく。課題はここにあります。

予算オーバーしているということは、何かしら問題があるはず。無理な金額設定なのかもしれませんし、ただの使い過ぎかもしれません。

それらを、記録していくことによって、理解していくこと。これが、記録していく目的なのです。

データを見ていると、必ず見えてくる部分がでてきます。問題点が見えるようになってくれば、改善ポイントも見えてくるようになるのです。

だからこそ、まずは記録していく。人に見せるものではないので、丁寧に書く必要はありません。

面倒だと思わずに、まず記録していくことだけを継続していくようにしましょう。

それによって、自分の出費を把握できるようになってくるはずです。

まとめ

私たちは、自分で思っている程、多くのことを覚えておくことができません。

まして、お金となると、毎日のことになるので、正確に覚えておくことは難しくなってしまいます。

だからといって、そのままの状態にしていると、よく分からないけれどお金が足りないという状況になってしまいます。

それでは、貯金を殖やしていくことは難しいといえるでしょう。

そうならないためには、記録しておくことが重要になってきます。記録してしまえば、忘れてしまっても、いつでも見返すことができます。

何にお金を使ったか分からない。思うようにお金が貯まらない。そんな風に感じている人は、まずお金の流れを記録していくことから始めてみてください。

きっと、いろいろなことが見えてくるようになるはずです。

あわせて読みたい

節約上手になるとダイエットがうまくいく?コスパ最強ダイエット法とは?
ちょっと待って!それ本当に必要?節約上手の買い物術!
浪費家さんは必見!貯金を成功させるには何をすべき?
これであなたも節約上手!簡単、おいしい、コスパ最強の節約料理術!
お腹周りが気になりはじめた人は必見!「下腹ぽっこり」を改善する食事とは?

ライタープロフィール

MONEY-ON編集部
MONEY-ON編集部
MONEY-ON(マネーオン)は、仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信。